雪ミク2018 (キタキツネ(アルビノ)×クリオネ)

投稿日:2017/05/06 19:31:06 | サイズ:5641x3849px(5,283KB) | 閲覧数:223 | カテゴリ:クリプトン公式

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

キタキツネ(アルビノ)の雪ミクさんとクリオネのユキネです。
キャラのストーリーも書いてみました。

【森のファミリー ストーリー】
森のキタキツネ達から、仲間と色が違う事で仲間外れにされている
雪ミクさん。
クリオネのユキネと一緒に、一人でずっと泣いて過ごしていました。

ある時、森の中から流れてきた歌につられて歩いていくと、そこには
うさぎのリンちゃんとレンくんがいて、歌とダンスを練習していました。
リンちゃんの歌に合わせて歌いだす雪ミクさん。
その歌声のきれいさに3人はすぐにうちとけます。

「僕らで音楽隊を作ろう!」という、レン君の提案に乗る形で、
仲間を探しに行く3人。

まず太鼓が得意な熊のカイト兄さんに出会います。
雪ミクさんのかわいさに惚れ込んだカイト兄さんを仲間にします。

次に琴が得意なタンチョウヅルのメイコさんに出会います。
そこで、カイト兄さんがお酒を取り出し、貢いで仲間にします。

最後に横笛が得意な羊のルカさんに出会います。
羊の夢を見ながら寝ていたルカさんをそのまま運ぶ形で、無理やり仲間にします。

こうして仲間ができた5人は、音楽を奏でます。
5人が奏でる音楽は森に響き渡り、その曲を聴いたキタキツネ達は、
雪ミクさんを認め、雪ミクさんはキタキツネ達に溶け込む事が出来ました。

楽しくみんなで音楽をやって過ごしていましたが、しばらくすると、
近くの森でトラブルが発生した知らせが届きました。
皆から仲間外れにされた狸さんが泣いて暴れて森の皆が険悪になってしまったのです。

雪ミクさんはそれを聞いて、とても悲しくなりました。
そして、過去の一人の悲しい自分を思い出し、何とかしてあげたいと思いました。
「私の歌を届けたい!」
ミクさんが出向いて歌を奏でると、険悪な雰囲気は収まり、
楽しい森が戻ってきました。

雪ミクさんの頭に手を乗せ、
「雪ミクさんの歌で繋がった僕らは森のファミリーだね」
という、カイト兄さんのセリフに嬉しそうに
「うん!!!」
とうなずく雪ミクさん。

こうして森のファミリーたちは音楽を楽しみながら、ずっと楽しくすごしました

雪ミク2018 (キタキツネ(アルビノ)×クリオネ)

修行中おっさんです。
子供に負けないように精進せねば(///∇///)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 森のファミリー(表紙)

    by ひろぴぃさん

▲TOP