潮騒

投稿日:2019/08/26 23:27:21 | 文字数:553文字 | 閲覧数:64 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

コラボのお題「騒音」から書きました!
「常夜に、瀬をはやみ」は、なんとなくですが、一度離れた2人がいつか出逢えるとしても、それは現世じゃないぞ!って意味です(笑)

イーゼルさんとコラボの予感.。.:*・'(*°∇°*)'・*:.。.
よろしくお願い致します!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
鉛色の空をつなぐ
ボトルの中の海で
船は揺れ
ちょうど歪んだボクのように
すべてを弾いてた

B
キミのコトバ、態度で
波は荒れて
ボクのちっぽけな心は
溺れそうだった

S
ざわめく傷心の
いざなう歌のままに
帆を張り、風(を)はらみ
いま旅立つ

遠くへ行けるだろう
水平線を越えて
キミがいないセカイの
明日のボクへ
ヨーソロー


A
硝子玉の星を数え
逆さに映る月を
見つめてた
まるで仮面をつけたように
すべてを欺いた

B
キミの嘘は、毎度で
愛は擦れて
渇れるはずのない心は
いつしか離れた

C
もしもね、きっと
たぶんね、ずっと
繋がってると

フリもなくって
意味もなくって
それでも信じたい

傷つけ合って
それでも会って
擦り減っていた

ごめんねなんて
言わなくたって
伝わってると

ワケもなくって
意味もなくって
夢見てたんだよ・・・

S'
さよなら恋心
いざなう歌のままに
常夜(とこよ)に、瀬をはやみ
嗚呼、このまま

どこまで行けるだろう
境界線を越えて
キミがいないセカイの
明日のボクへ

LS
論(あげつら)う潮騒に
あらがう歌のままに
踏ん張れ、風に立ち
ほら、手を振れ

遠くへ行けるだろう
水平線を越えて
誰も知らぬセカイへ
明日のボクへ
ヨーソロー

はじめまして!
Unionと申します。
「日課」と称して、趣味で作詞をしています。色んな方とコラボさせて頂いて、ほんと幸せです!

曲募集中のタグついてるものは、絶賛楽曲募集中です!よろしくお願いします!
日々増えてますので、これだけあれば一つくらいはお気に召すものあるかもですよ(笑)

使う時は事前に相談のご連絡をお願いします~!
なるべく過去曲とか聴かせていただけると嬉しいです!
また、できれば動画化までお付き合い下さい~(*´ω`*)

楽曲重視派なので歌詞はなるべく曲に寄せていきたい!歌いやすいのが一番!

なので、文字数の変更修正などお気軽に仰って下さい!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP