アムナ王女とラグ王子

投稿日:2015/02/17 21:39:04 | 文字数:486文字 | 閲覧数:96 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

仕掛け作詞です。
仕掛けの難易度的には中くらいでしょうか?

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A泣いていた君に笑って欲しかった
『チコニハン ルスマイルスマイ カイナデナ』
「まるで呪文のようだね」って
君が笑ってくれた

b君がアムナ王女で僕がラグ王子
2人だけの言葉と王国作った
2人だけの内緒の秘密の遊び

s悲しい時は魔法の呪文唱えよう
『ルスマイ ルスマイ』笑顔になーれ
嬉しい時も魔法の呪文唱えよう
『アワセシ イココイ』大丈夫だよ
僕と2人だけの、秘密の王国で遊ぼ

A泣いていた僕を慰めてくれた
『チコニハン ルスマイルスマイ カイナデナ』
それはまるで魔法のようで
少し楽になれた

b君が幼い幼女で僕はただのニート
傍から見れば僕は犯罪者予備軍だ
それでもいいさ君と2人で居られるなら

s寂しい時は魔法の呪文唱えよう
『ノキミ ソニバ』思い描いて
楽しい時も魔法の呪文唱えよう
『マノコマ タデリフ』泣かないで
僕と2人だけの、秘密の王国で遊ぼ

cだけど月日は流れて記憶も薄れて
そして残る思いは切なさだけ

sラグ王子は1人で王国の中
魔法の呪文まだ覚えてる
守られていたこと王女は思い出した
大切な王子を救うため
アナム王女は旅に出ました

お疲れ中。

作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP