ジャケット

『雨星』


夜空に散りばめられた星は
今にもつかめそうなくらい
輝いていると聞いたけど
みんな眺めているのかな

夜空のあの星みたいに
みんなに幸せ届けば
輝くあの星本当に
つかめるかもしれないね

捨てられて怯えてる子猫に
温かな愛のぬくもりを
理不尽なこの愛の差別は
涙で堪えなくていいように



しとしと降り注いでいる雨は
降る場所を選ぼうとはしない
星空を隠す雲さえも
場所を選ばず包み込む

目元を伝ったしずくは
きれいな星屑みたいで
ぽつりとこの星濡らしてく
悲しみさえ包み込み

ただ一人さまよえる羊を
母親の場所へ導こう
命には色なんてないんだ
幸せ求め迷うことはない

00:00 / 04:44

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい

【初音ミク】 雨星(あまぼし) / 作詞:メビウス 【オリジナル曲】

ピアプロ内で歌詞を投稿しておりますメビウスさんの歌詞『雨星(あまぼし)』に、曲をつけさせていただきました。

今回は、星空の歌なので、ちょっぴりロマンチックで可愛い曲を目指しました。どうぞお聴きになってみてください。

閲覧数:1,085

投稿日:2014/06/23 23:29:13

長さ:04:44

ファイルサイズ:6.5MB

カテゴリ:音楽

クリップボードにコピーしました