あの夏祭り

投稿日:2021/07/24 09:42:46 | 文字数:430文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

同タイトルの曲の歌詞です。


作詞:あしろ


この作品の無断使用・転載はご遠慮ください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

さあさあ みなさま 支度はよいか
いろいろ 手狭な 世の中なれど
真夏の 空気に 心ははやる
己の 居場所で それぞれ踊れ

眩しい 青空 遥かに彼方
ずずいと 沸き立つ 入道雲よ
雷 引き連れ こちらへ参る
夕立ち 濡れるも 覚悟の上で

晴れた夜空に 花火打ち上げ
遠くのあなたと 心通わす

老いも若きも 踊り明かせや
我慢ばかりじゃ 生きていられぬ

だれも かれもが うだる暑さよ
汗も 涙も 混ぜて流せよ

ひとりきりでは 夏は厳しい
今を 打破する 風を待ちわびて

ヒリヒリ 日焼けと 遊びの疲れ
冷やした スイカを かじって 癒せ
揺れてる 風鈴 片目に 昼寝
うるさい セミさえ 子守の歌に

忘れた 宿題 再び忘れ
明日の 遊びの 計画立てる
海 山 川 釣り 虫取り ゲーム
全てを こなすにゃ 時間が足りぬ

ところで 神様 わずかでいいの
教えてくだされ 世の行く先を
みんなで 集った あの夏祭り
もう一度 陽気に できるといいな

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • あの夏祭り/初音ミク

    by あしろさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP