一周忌~from Oirase~

投稿日:2008/11/20 00:13:37 | 文字数:418文字 | 閲覧数:104 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

続いて第3弾です。
タイトルからわかるとおり「三回忌」の続編となっています。
……まあ時間軸としては、こちらの方が過去の話なのですが。
そしてさらに過去の話だというのに、なんだか「三回忌」よりも冷静な心情な気がするのはこれいかにw

今回の舞台に選んだのは、奥入瀬渓流。
実はまだ行ったことのない場所なのですが、行ってきた母から土産話を聞いて以来、1度は行ってみたいと思っているんですよね。
紅葉が舞う中、亡き想い人との思い出にふける。そのような光景を想像していただけましたら幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

秋の風薫る林へ足を踏み入れる
小鳥の囀りと渓流のせせらぎが耳に響く
あなたが愛した場所 二人で歩いたこの場所を
今日はあなたのまぼろしを連れて一人……

紅葉が生い茂る林の中を一人歩く
身を染める朱の色は消え行く命を燃やしている形跡
儚き命、そして最期の時を迎え懸命に輝く命
私の心を映し出し 嘲笑う紅の鏡……

木漏れ日の光が枯葉舞う遊歩道を照らす
聖なる白色に辺りを染めていく天からの恵み
どうか私の中まで照らし出してほしい……
私の奥底に眠り、私を絡め取る灰色の闇まで……

全て忘れられたら
渓流の流れにこの想い全てを流し
流れ流れて大海に散っていったなら
また新しく生まれ変わって生きていけるでしょうか?

記憶の鎖を断ち切ることが出来ない私……
冷たいせせらぎに流されていくのは私自身?
流されて 流されて……
流された先にあなたの元へ辿りつけるでしょうか?

マタ フタタビ アイマショウ
アノ イツカノ タキノモトデ……

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP