ルリラ ルララ

投稿日:2008/02/07 00:03:10 | 文字数:209文字 | 閲覧数:130 | カテゴリ:(未選択)

ライセンス:

仕事中に思いついたフレーズがずっとぐるぐる渦巻いていたので吐き出してみました。
正直作詞といえるものかはわからないのでなんだか場違いな気がしなくもないですが…(;´∀`)

他に何書けばいいのやら。とりあえず、ミクがイメージなのは確かです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ルリラ ルララ
歌は風に溶けて
空を越えて
海を越えて
遠い遠い
アナタの元に届け

草木と一緒に歌いながら
私はてくてく歩くよ

どんなに遠くたって
どんなに大変だって
私はてくてく歩くよ

歌がアナタの元に届くと信じて
私はてくてく歩くよ

アナタが教えてくれたリズムを歌いながら

ルリラ ルララ
歌は風に溶けて
空を越えて
海を越えて
太陽と月の光を浴びながら
私の想いを乗せながら
遠い遠い
アナタの元に届け

明らかに死んでるとしか思えないヽ(゜ε。)ノ
いや、生きてるけれど現在別のことで必死なだけです。
3月からまたぽちぽちイラスト投下…したらいいね???

一応サイトあるからのっけておこう(今更
http://tachibanajin.hiho.jp/
他にもミクシやにゃぽんに生息しておいでです。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP