オフィス・ゴート

投稿日:2017/11/25 15:14:03 | 文字数:261文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル曲オフィス・ゴートの歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「がたん、ごとん」と音を上げる
灯の落ちかけた街を背に
昨日のことさえ朧気で
明日も同じ日が昇るのでしょう

知らぬ間にすり減っていく
靴底と皴のついた革
うす寒さ胡麻化すためコートの襟立て

何か忘れて、
何がほしかったんだろう。
知らないことばかりが
ただ増えていく

明日もしも、
僕がいなくなったら
僕みたいな誰かが変わってくれるんでしょう?

すべて忘れてしまえば楽なのに
何か忘れたことだけ
まだ覚えている

「がたん、ごとん」と音を上げて
遠ざかっていく灯を背に
生きる意味など曖昧で
それでも人は生きていく

ミク・テトを中心に曲を作っています。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】オフィス・ゴート

    by 麻呂@いい感じのPさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP