Hydrangea

投稿日:2008/10/25 16:04:38 | 文字数:357文字 | 閲覧数:106 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

現実は虫篭の中の蝶。
夢に見るのは、あの空と、紫陽花の香り。

---

病に伏してはいるけれど、庭先の紫陽花の色の美しさは忘れない。
「もしこの体を脱ぎ捨てて蝶になれたなら」
「紫陽花のような美しい空へと飛び立ちたい」
そう願ってしまうほどに、この部屋から見える景色は切なくて、恋しかった。

---

季節はずれのような気もしますが、枯れてしまった紫陽花が悲しいので。
タイトルの「Hydrangea」は「紫陽花」。
ハイドランジア、と読むそうです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

小さな雨樋を伝い流れる
冷たい水を見つめて
微かに強くなる音を感じた

遠く香る 紫陽花の花
淡い空に 揺らいだ雨は
土に濡れて 陽炎に消え
手の平を 焦がしただけで
甘く 甘く…

焦がれては失った 落ちている花の色
この部屋でいつまでも 思い出すだけでいいの
歩き出す足音に 懐かしい声がした
変わらない空の真中へ 私はとけてゆく


どれだけ夢見ても雲は晴れない
乾いた羽もいらない
誰かの虫篭の中にいれたら

遠く消える 紫陽花の花
白い指を あやしてくれた
どうかどうか 枯れないでいて
心から 抱きしめていた
強く 強く…

忘れては求めてる 温かい陽の香り
この部屋に焚き染めて 知り尽くすだけでいいの
起き出した体には 虹色の羽の痕
鮮やかな思い出たちと 私は生きてゆく

紫陽花の香りを 遺して…

現在無期限停止中

※申し訳ありませんが、諸事情により
頂いたコメントにはお返事致しておりません。
コメントはありがたく拝見させていただいてます。
ご了承頂けると幸いです。

◆ Thanks! ◆
Spround(http://www.pontora.com/
お世話になっております。

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    ご回答ありがとうございます。了解です。
    入れないよなあ…と思いながらも念のため確認でした(´ー`)

    2008/11/07 06:23:26 From  moccos

  • userIcon

    その他

    >moccosさん

    はじめまして!

    ご質問恐れ入ります;
    「いれたら」は「居」のつもりで書きました。

    >自前の曲と~
    少しでもこの歌詞がお役に立てているようで嬉しいです^^
    作業の方などがんばってください!

    2008/11/06 23:00:40 From  いづみともこ

  • userIcon

    使わせてもらいました

    こんにちは。初めまして。

    こっそりと自前の曲と合わせようとしているのですが、
    「誰かの虫篭の中にいれたら」
    は「居」と「入」どちらでしょうか?

    2008/11/06 22:39:58 From  moccos

▲TOP