海月の悪夢

投稿日:2020/07/08 20:03:31 | 文字数:344文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

海月の悪夢


沈んでゆく
生きる意味もないクラゲのように
音のない世界へと消えてしまう

重い鎖に導かれ
かすんでいく意識が
映し出す影にうなされている


光を無くしたクラゲ
過去の自分の姿を美化することだけしかできず
人に見放され
ただヒトデを恨み
目が回るほどに落ちてく
負のスパイラル



光を無くしたクラゲ
過去の自分の姿さえも見えずに常夜へ沈む
人に見放され
ただヒトデを恨み
自分以外の全てが
「ひとでなし」になる


救いがなくとも
光が無くても
死ぬまであがくしか答えは無くても
いつの日かきっと
光は差すだろう
この恨みが自分を強くしてゆく


裏切りにおびえ
ひるむくらいなら
信じる必要も意味もないから
いつの日かきっと
見える光を
その輝きだけを信じられるさ

学生時代はバンド活動をやっておりました(ボーカル)メタル全般、エモ・スクリーモ、ゲーム音楽等に影響を受けて育ちました。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 海月の悪夢

    by ブリザード吹雪さん

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP