【カイメイ】鈍色空に花吹雪

投稿日:2011/05/26 01:43:18 | 文字数:1,975文字 | 閲覧数:2,969 | カテゴリ:小説 | 全7バージョン

ライセンス:

長っ!!自分でびっくりした!
大好きな仕事してPの「鈍色空に花吹雪」【http://www.nicovideo.jp/watch/sm12474254】がイメージ元になっています。

!ご注意!
◆黄泉桜【novel/102401】の続編です(当初大正時代だったのから昭和初期設定に変えました)
◆名前が漢字です(しかも苗字付き)
◆転生ものです
◆双子が70代です
◆あくまで私解釈です 石は投げなry

前のバージョンで続きます

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[一]

物心ついた時から、ある景色が瞼に焼き付いている。
いつどこで見たのか、まったく覚えていない。ただその情景を思い浮かべると、悲しくて切なくて懐かしくて愛おしくて、様々な形の感情の渦に飲み込まれて、叫びだしたくなる衝動に駆られた。
(早く行かなくては。あの場所へ、早く行かなくては)
そう思うのに、俺はそこへの行き方を知らない。実在する場所かどうかもわからない。何故そこへ行かなくてはならないのかすらわからない。

けれど、行かなくてはならない。
行けばきっと、すべてがわかるはずだ。

――そんな訳も分からない焦燥にじりじりと身を焼かれながら、やがて17年が過ぎた。





「あーおにいちゃん、またサボってる!」

寝そべっていたベッドから顔を上げると、開け放したドアの向こう側で妹の美久がしかめっ面をして立っていた。片手にハタキ片手に雑巾。掃除当番よろしく頭には白い三角巾まで巻いている。
「サボってないよ、人聞きの悪い」
「じゃあなにやってるの」
「休憩休憩。ちょっと休んでるだけ」
ひらひらと手を振り、俺は再びベッドに身を沈めた。もー、と呆れたようなため息が聞こえて、つかつかと美久部屋の中に入ってくる。
「ちっとも片付いてないじゃない」
「いいんだよ、おいおいやっていくから」
「おいおいっていつよ、もう」

真新しい匂いのする部屋には段ボールが山積みになっている。「夏服」「冬服」「ゲーム」「本」「CD」…マジックで様々な名前を付けられたそれらは、引っ越し業者の屈強なお兄さんたちにより南向き日当たり良好なのこの部屋に運ばれた。家具や家電が運び込まれなんとなく部屋の体裁が整ったところで満足して、こうしてお気に入りの音楽を聴いて雑誌を読んでいたという訳なんだが、しっかり者の妹にはどうやらそれがサボっているようにしか見えないらしい。

「『明日やろうはバカ野郎』って言葉、知ってる?」
「知らない」
「…せっかく新生活が始まるんだから、ちょっとはやる気だしなよ」
「新生活って言ってもなぁ…俺高校行くの4月からだし」
「私はもう明日から学校なの」
「そりゃ大変だ」
ぽすん、と軽い音を立てて美久が俺のベッドに腰掛ける。
2月のはじめにこの地に越してきて数日。心配されていた俺の体調は悪化の気配はない。医者の見立てでは4月からは問題なく学校に通えるだろうという話で、俺本人より父親と母親が安堵しているようだった。
明日から学校、ということは転校初日。幾度も転校を経験しいているので慣れっこなのだろう、特に緊張した素振りはない。そういえば引っ越しが決まり高1の2月という中途半端な時期に転校になってしまったことを詫びた時も、けろりとした顔で「別に」と答えられた。「友達増えるし、逆に楽しみ」と笑った妹の偉大さに、フィジカルの弱いダメ兄はただただ頭の下がる思いだった。
「具合は?悪くないの?」
「うん、発作もないし、治ったんじゃないかと思ってる」
「またそーやって適当なこと言って」
ぺたり、と白い指先が額に張り付けて、熱はないね、と息を吐いた。本当は熱の有無はあんまり関係ないんだけど、幼い頃から美久はこうして額の温度を確かめては安心したり泣きそうになったりしていて、俺はそれを間近で見てきた。
「でもここにいたら本当に良くなるかも。だって空気綺麗だし、水もすっごい美味しいんだよ」
「へぇ」
「じゃあ私は自分の部屋片付けてこよーっと。おにいちゃんもうだうだしてるくらいならお散歩にでも出てきなよ、今日はぽかぽかしてて気持ちいいよ」
「気が向いたらね」
「…おにいちゃん、『明日やろうは』?」
「『バカ野郎』?」
「よくできました」
じゃあね、と笑って美久は部屋から出ていく。その背中は希望とかポジティブとかそういう単語がすごく似合って、時に僕には目がくらむほど眩しい。
どうして兄妹なのに美久の心臓だけ丈夫なんだろう、と情けない羨み方をしていたのは、もうずっと前の話だ。

「…散歩、ねぇ」
窓の外は雲一つない青空が広がっている。こうして日に当たっているだけで暖かいのだから、空気が綺麗だという外を出歩けば気分がいいかもしれない。ものぐさな俺にしては珍しく、すぐさま心が決まった。反動をつけてベッドから起き上がり、ハンガーに掛けてあったブルゾンを着込む。携帯、財布、鍵、音楽プレーヤーも持っていこう。

見知らぬ街を探検したい、という気持ちもあった。せっかくの新天地なのだから、近所のことを知っておこうという気持ちも。
しかし、あとから思えば、この時外に出たのは必然だったのだと思う。
心配性の母親の目をくぐるようにして外に出て、小春日和の風に導かれるように俺が行き着いた先。


それは、俺が長年の間捜し求めていた場所だった。

駄文を書いては自己満足しています。
一応小説。たまになりそこないのポエム。
全くの自己流ですので、読みにくいところも多々あるかと…


年長組が好きです。全力でカイメイ支援。
っていうかカイメイ小説しか書いてませんのでご注意ください。


めーちゃん可愛いよめーちゃん。
めーちゃんが皆から愛されてれば幸せ。
めーちゃん中心に家族は回っていると信じてやみません。
めーちゃんハァハァ

美麗イラストを見てぴぎゃぁぁぁぁすると勝手に小話を作ることがあります。
ご注意ください。


タグやブクマ、メッセージありがとうございます…!(`;ω;´)ブワッ
カイメイ好きさんの優しさは世界一や


プロフ画像の可愛すぎるめーちゃんは青菜しゃーぷ様よりお借りしました!


[ブログサイト]
http://saltcabbage0919.blog.fc2.com/

[pixiv]カイメイ以外もあり。ピアプロの方がカイメイ作品多いです
http://www.pixiv.net/member.php?id=1040966

[twitter]たいしたこと呟きません
http://twitter.com/kyonturbo



※11/19発行の小説本3点、おかげさまで完売しました…!お買い上げくださった方々に最大の敬愛を!!

もっと見る

作品へのコメント3

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    黄泉桜を初めて読んで、号泣。
    これを初めて読んで、超号泣。
    弟にも読ませました笑

    本当に素晴らしい作品をありがとうございました!!
    カイメイ万歳!

    2013/02/25 18:36:21 From  カメフィ

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >カメフィ様
    わわわわ黄泉桜も読んでくださったのですね…!ありがとうございます////
    しかも弟さんにも…ですって…ww弟さんすみませんごめんなさい…www
    少しでも気に入って下さったのなら嬉しいです…!
    鈍色と黄泉桜は書いた作品の中でも特別なものなので、感想頂けて嬉しいです!////
    またお待ちしてますー!///

    2013/03/27 01:41:40 キョン子

  • userIcon

    ご意見・感想

    はじめまして。
    キョン子さんのカイメイが大好きでどの作品も何度も読ませて頂いています。
    読み終わった今、涙が止まりません…。
    声が出るくらい泣いてしまいました。
    素敵なお話を有難うございました。
    カイメイばんざぁぁぁぁいっ!

    2011/05/27 00:43:36 From  くまごろー

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >くまごろー様
    ふぉぉぉぉぉぉぉ…!!!なんて嬉しいお言葉の数々…!!!;ω;
    ありがとうございますありがとうございます、すっごい嬉しいです!!
    読んでくださる方の涙を頂戴出来るなんて本当に書き手冥利につきるというか、なんていうかこんな私の作品でそう言っていただけるなんて本当に幸せです、ありがとうございます!
    もしよろしければまた呼んでやってください、頑張ります!!!
    カイメイばんざぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!

    2011/05/28 22:22:13 キョン子

  • userIcon

    ご意見・感想

    黄泉桜の続きが読めるなんて…!
    兄さんとめーちゃんが再び出会えてほんとうに良かったです。カイメイは永遠ですね(*^^*)
    あと、リンレンがご年配というのがなんだかツボです。
    素敵なお話をありがとうございました!

    2011/05/25 05:37:13 From  マーブリング

  • userIcon

    メッセージのお返し

    >マーブリング様
    その通りですともカイメイは永遠です!!
    過去でも現世でもパソコンの中でもカイメイは結ばれる運命なのだと信じてやみません!
    70代のリンレンなんて受け入れてもらえるのかとすごく不安でしたが、嬉しいお言葉…!
    ミクも出せて満足でしたが、実は転生めーちゃんの妹にルカがいるという設定が生かしきれませんでしたw
    こちらこそメッセージありがとうございました!

    2011/05/26 20:37:56 キョン子

もっと見る

▲TOP