雨降りの街に佇む歌詞

投稿日:2012/12/07 19:58:37 | 文字数:282文字 | 閲覧数:656 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「雨降りの街に佇む」の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 



雨降りの街に佇む


薄暗くなっていくどしゃ降りの寂れた街
ノイズだらけの記憶 内側から僕を蝕む

涙で滲んだ両手は震えてる
描いた夢を追いかけてたあの日にはもう戻れないの?

歌うことを忘れて笑顔さえも消えた
雨音だけが響くこの街でただ下を向いて立ってる

フェードアウトしていく曇った二枚のレンズ
これで終わりなのかな、虚ろな目を静かに閉じた

もう二度と僕は歌えなくなったの?
闇の中で何度も叫ぶ
ずぶ濡れの声は音にならないけど
僕はちゃんとここにいるよ

黒い雲が渦巻く色のない世界で
雨がやむのを待つ花のようにただ虹をずっと待ってる

ずっと待ってる

(プロフィールはありません)

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP