灰色しっぽ 歌詞

投稿日:2021/09/26 00:21:20 | 文字数:747文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暗闇でひとり手探りで
自分の価値探すEveryday
周りを見れば上位互換ばかりで
全然埋まらん特技の欄

それでも隠し通した嫉妬
誰にも醜いこんなみっともない姿なんて
見せらんないから
からっぽのあたまで今日もうたう

人を羨むのが得意だ
勝手に傷つくのも得意だ
どう転んだって君のようには
なれないそんな自分が嫌いだ

あーあ。
存在意義探して徘徊中
承認欲求だらけの I love you
皆に憧れた また自分貶したAh

正当化できないならいっそ
劣等感にまみれたしっぽなんて
淘汰される前に捨ててしまおう

切り取っても取ってもどうしようもないや
もういらない灰色しっぽ
大好きだった灰色しっぽ
今だって戻ってもどうしようもないこと
わかってるよ そんなのわかってる

「人を羨むのが得意だ」
「勝手に傷つくのも得意だ」
「どう転んだって君のようにはなれない」
そんな僕でいいのかな

放課後廊下につっ立って空を見上げて考えてた
みんな違ってみんないいってほんとかなぁ
十人十色つったって、きみみたいな綺麗な空色に
なりたかった

切り取っても取ってもどうしようもないや
大好きなんだ灰色しっぽ

ずっと無垢なままでいたかった

今だって戻ってもどうしようもないこと
わかってるよ そんなのわかってる

生まれ変わりたいと願って
それが叶ったとして
結局たいして変わらん人生歩むんだろうな
その気があればいまからだって
自分らしく生きられるのかな

僕も

暗闇でひとり手探りで
自分の価値探すEveryday
周りを見れば上位互換ばかりで
全然埋まらん特技の欄

それでも今踏み出した一歩
例えばこんなみっともない姿だって
かまわないから

自分の価値なんてまだ
分かんなくたって

キー変更などご要望あれば気軽にTwitterで話しかけてください!

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP