『ひとりぼっちとココロの本と』歌詞

投稿日:2015/01/22 18:25:25 | 文字数:765文字 | 閲覧数:1,266 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

飽きるくらいに読み返したって
まだ ぼやけてる この世界を
ただ 独りだけで生きる心が
寂しくないか知ろうとした

誰もいないように ずっと広がって
呆れるほどに 何も見えない
確かに 歩けば近づけたのは
孤独のみだと知る

不思議だな きっと泣くはずなのに
涙の音も書いてるのに
笑うのは きっと違うけれど
嗤われることもないはずだろう

どうか 今が生きてゆく
曲がらない正しさでありますように
「そうだ」と書いていなくて
また飽きるくらい読み返して探してる

眠たい夜だって 生きてゆく
頑(かたく)なな正しさを憶えたまま
そうさ ただ独りきりが
この心に寂しくはないのだろう
まだ探しても見つからないだけだろう


明るくなって照らされて
どうだ まだ ぼやけてるこの世界は
確かに寂しくないはずなんだと
少し目を伏せてる

答えに誓って泣くはずないって
涙の音は隠している
笑うのは きっと無理だけど
嗤われることはないはずだろう

後悔なんて 生きてゆく
くだらない正しさにしなくてもいい
「そうだ」と書いていなくて
また飽きるくらい読み返して探してる

冷たい夜だって 生きてゆく
頑なな正しさを守れるなら
そうさ ただ独りきりが
この心に寂しくはないのだろう
まだ これは認めてはくれないけど


ほんとに きっと泣くはずないって
涙の音を掻き消してる
不思議と笑えもしたけれど
嗤われることはないのだから 笑えるさ

どうか 今が生きてゆく
曲がらない正しさでありますように
「そうだ」と書いていなくて
また飽きるくらい読み返して探してる

眠たい夜だって 生きてゆく
頑なな正しさを信じたまま
「そうだ」と書いていないのなら
諦めて書き込めば見つかるだろう
頑なな正しさが 本当だろう
心に寂しくはないのだろう

もっと見る

▲TOP