ミラクルペイント キセキのバーチャンアイドルー2

投稿者: usericonkanpyoさん

投稿日:2018/07/26 15:59:12 | 文字数:2,983文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:小説

ライセンス:

物語は50年前に。
小さな町で、小さな高校で、彼女は電子の歌姫と出会う。
青春と晩年が併走するドタバタコメディ。

オスタープロジェクト様作、ミラクルペイントの二次創作です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

50年前、2009年。
北海道の中核都市である旭川市。そこをやや南下した所に栗布頓町(くりふとん)という小さな町がある。炭鉱で栄えた時期もあったのだが、近代化に伴い石炭の需要は激減し廃坑となった。基幹産業が失われ、人口は十分の一程にまで減る。

それでも3000人の人口を残し、更に近隣に高校が無い為に、この辺りの子供達は余程の事が無い限り、この町の高校に通う事になる。

長い冬、深い雪。だから―――この町の春は遅い。

なにせ5月のはじめにやっと、桜が咲き始めるのだ。

北海道立栗布頓高校の校門には、そんな遅咲きの桜が開花した時期。
一人の新入生の女子生徒が、とある部室の扉を控えめにノックした。
扉の上には【書道・美術室】と表札が掲げられている。

女子生徒は大人しげな雰囲気、制服のスカートは膝下の長め、校則とおりに白いソックス。髪はボブカットで、眼鏡をかけていた。胸元には大きなスケッチブックを大事そうに抱えている。クラスで決して目立つ事が無さそうな大人し気な生徒。
そんな女子生徒だ。

「あ、あのう・・・ここは美術部・・・でしょうか?」
そろりと扉を少し開け、顔を出し、女子生徒は室内を見渡す。室内はカーテンが閉め切ってあり真っ暗だった。しかし何か気配を感じた彼女は、中央にはもぞもぞとした黒い布を被った塊を見つける。その、黒い布を被った塊から僅かに青白い光が漏れていた。その時、半開きの扉に、女子生徒の足元が「どんっ!」とぶつかった。

「はっ?! 誰か来たっ!! 先生だったらまずいでヤンす―!」
「れ、冷静に! 書生がPCの電源を落とす!」
そんな声が塊から聞こえたが、女子生徒は速やかに扉を閉じ、その場から離れようとした。しかし。閉じた扉から只事でない大きさで音楽が流れ、彼女は驚き、おもわず身をすくませた。鳴り響く音楽は廊下にも洩れた。それは軽快な踊り出したくなる洒落たリズム。音楽のジャンルなどには詳しくは無いが、これなら彼女にもわかる。いわゆるジャズミュージック。そしてその旋律に乗った歌声は、作り物の様な女性の声。

「書生殿~~! それは電源じゃないでヤンす! アンプの音量つまみでヤンすよ!」
「むむぅ・・・これはとんだ失敗を。ヤンス氏、申し訳ない」
「それよりもアノ人、ほっといていいでヤンすか―?!」
「否っ! ヤンス氏、あの人を捕獲するでござる!」
「がってんでヤンす~!」
女子生徒があっけに取られている間に、腕を引かれ室内に引き込まれてしまった。

「きゃ―! きゃ――!! きゃっ・・・??」
彼女は目を閉じ叫んだのだが、腕を引かれたのは一瞬で、その身は無事だ。彼女は恐る恐る目を開く。薄暗い教室の床には2人の男子生徒が土下座していた。しばしの沈黙。―――妙な間に耐えられず、女子生徒が最初に声を出す。

「あ、あのう・・・」
2人は頭を下げたまま、口を開いた。
「お願いでござる! 書生に免じて、ここで見た事は―――」
「内緒にして欲しいでヤンす・・・」

女子生徒はどういう意味かわからず、3人を見下ろしていたが、室内の中央に置いてあるノートPCを見て、何となく状況を察する事が出来た。
どうやら彼等は学校にノートPCを持って来た事を、内緒にして欲しいのだろう。彼女はひとまず「・・・はい」と頷く。もちろんこの事を他言するつもりは無い。
土下座していた2人は「はぁ~~良かったぁ~~・・・」と声を合わせて吐き出すと、その場に立ち上がった。

「書生は、2年生である。ここの部室では"書生"と呼ばれておる」
「僕は1年生でヤンす。ここでは"ヤンス"と呼ばれているでヤンす!」
女子生徒は後ずさりし、頷く。
「書生さん・・・ヤンス君・・・」
「ほほう・・・書生の推理だと、貴女は入部希望者とお見受けしますが?」
「新部員でヤンす! おにゃコの! ぶひぃ~~~~っ!!」

鼻息荒い2人の部員達。女子生徒は即座に高速で首を横に振ると「間違えました。ゴメンなさい」とお辞儀し室内を後にしようとしたが、再び男子部員の3人は軽やかに前に回り込むと、再び土下座を躊躇なく決めた。

「すまない! 女の子の部員希望なんて初めてなもので、ついつい興奮して心がピョンピョンしてしまった・・・」
「僕も、ついついブヒってしまったでヤンす・・・。ゴメンなさいでヤンすっ!」

何を言ってるのかわからないが、どうやら謝罪をしているのはわかった。
そして、女子生徒に入部して貰いたい様だ。
怪しい2人が在籍する美術部。こんな部活に入れば、何か面倒事に巻き込まれるに違いない。そう思った女子生徒は、再び「やっぱり勘違いでしたゴメンなさい」と、ひとまず謝って、この場から速やかに去ろうと考えた。

―――だが、先ほど耳に入った音楽が少しだけ気になり、PCの方についつい目を送る。その視線に目ざとく気づき、書生は言った。
「・・・さっきの気になっておるな? 先ほどの音楽を―――」
「え! ・・・いえ。その・・・」

図星。女子生徒は視線を逸らして眼鏡を直し、戸惑いを誤魔化そうとした。そこを付け入るように書生が進言する。
「客人よ! よろしければもう一回、上映しますぞ!」
「賛成でヤンす! 皆で見るでヤンす―! ささっ! こちらでヤンす~」
そして半ば強引に、ヤンスにエスコートされPCでの上映会が始まる。見回りに来る先生を恐れて3人は机の上に置いたPCの向かいに並び、全員に掛かる様に頭から先ほど被っていた黒い布を上から覆った。

「・・・んむ☆」
どちらが溢した声かはわからないが、男子生徒2人は緊張した。黒い布の中に柔らかな香りが立ち込めたのだ。これは明らかに女子生徒の髪の香り。書生は少しばかり強ばった指先でノートPCのタッチパネルを操作し、動画サイト画面上の再生アイコンをクリックした。少々のローディング時間、そして動画が再生される。

柔らかなスキャット。ハイハットが割り込みリズムを刻む。ブラスが溢れ響き、ピアノが転がるように旋律を追いかける。画面にはツインテールの二頭身キャラが愛らしく、ステージでスポットを浴びているイラスト。

『ミラクルペイント』という曲が始まり、3人は画面から既に眼が離せなくなっていた。3人の男子生徒はこの曲を何度も聴いている。だが女子生徒は初めてだ。

「ボーカロイドって言うでヤンす」
「ぼーか・・・ろいど?」
「左様。音声合成シンセサイザーでござる。そしてこの声は、初音ミク。まさに電子の歌姫である」
「電子の歌姫・・・」

少し不自然だが女の子の柔らかい声は心地よい。しかし画面の下に添えられた歌詞がなければ聞き損じてしまう。だから目は歌詞を。耳はジャズのリズムを集中して追う事が出来た。
だから彼女は初見でも理解できたのだ。

「・・・この歌は、絵を描いてくれた人に、ありがとうを伝える曲なんだ」

画面を見続ける女子生徒。彼女の目は画面の光に照らされ、粉雪をまぶした様に瞳は輝いていた。

その横顔を、ばれない様に必死に見つめる書生とヤンス。
男子生徒2人が恋に落ちるには充分なシュチュエーション。―――そして。
女子生徒はこの新しい画面の中のカルチャーに、一瞬で恋をしてしまったのだった。

管理人の、【かんぴょ】と申します。
創作やいろんな話ができたら楽しいですね。メンバーも募集中です。


★コラボ唯一の参加条件は「自己紹介」。必ずお願いしております。

★創作作品の投稿は、皆様のピアプロのページ・他の投稿サイト・当コラボでもOKです。
特に感想が欲しい作品があれば、掲示板『とりあえず~』『感想の間・凛』に申し出てください。

★メンバーの作品の感想を書いて下さる場合は、『感想の間・凛』のみを、お使い願います。
こちらは、相手の作品には敬意をもって接していただければありがたいです。
基本的には「ほめてのばす」方向で。
私も厳しい意見を言われると・・・泣いちゃいます(T3T)
手厳しい意見があれば作者に一度、掲示板等でかまいませんので「この部分に指摘があるのですが」等、コンタクトとってください。

★現在メンバーで行っている企画ですが、毎週、『お題』を決めて、おススメのボカロ曲を一人に一曲、掲示板で提案し話し合っております。もちろん、強制ではありませんので、参加できそうな時は是非とも書き込みお願いします。


★主な募集メンバー
【小説書き手】
【小説読み手】*小説の感想など頂きたいです。
【絵本とかの作り手】*ポエムもイイですね!
【イラスト】*何かと頼もしい!
【その他】*何か特技があれば…
コラボ参加の条件・・・掲示板内で自己紹介をして頂きます。
それだけです。

一応、コラボの趣旨としては

・小説を書こう!
・ちやほや、しよう!
・ダメ出し、しよう!
・なんか、応援しよう!

だったりです。

ですので

これから書いてみたい!とか
イラスト書いてみたい!とか
読んで、冷やかしてみたい!など

そういうノリで、メンバーも募集します。

上手い下手は置いといて
長く楽しめたら良いなと考えております。

『うっかり長編を書いてしまった!けど、どこにもアップして無い』とか
『短編かいてみた!』とか
『童話とか、絵本っぽいのが書きたい』
『イラストを描いて見たい』
と、いう方も仲間になってくれたら嬉しいです。

★コラボ内リレー小説はじめました!

【DTM!シリーズ】 ウィキペディア
http://piapro.jp/t/Aj6Y
DTM! -EP 0-
http://piapro.jp/t/TMfS
DTM! -EP 1-
http://piapro.jp/t/pP7K
DTM! -EP 2-
http://piapro.jp/t/u8Qj
DTM! -EP 3-
https://piapro.jp/t/1br2
DTM! -EP 4-
 http://piapro.jp/t/XuSF
DTM! -EP 5-
 http://piapro.jp/t/9aCU
DTM! -EP 6-
 http://piapro.jp/t/dBqO 【前編】
 http://piapro.jp/t/lOWl 【後編】 
DTM! -EP 7-
 http://piapro.jp/t/D4Hs
DTM! -EP 8-
 http://piapro.jp/t/OWcg
DTM! -EP 9-
 http://piapro.jp/t/rtW1
DTM! -番外編1-
 http://piapro.jp/t/Cc1v

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP