Heath

投稿日:2015/09/19 18:47:11 | 文字数:360文字 | 閲覧数:349 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜空には涙を流す月が嘆いているの
薄明かりの夢に項垂れて わたしは待つわ
君のこと 想うほど 胸が痛むわ

くず折れる歌は
たとえ水の底に沈んでも
ねぇ・・叶えて わたしの夢

「生きて帰るから」
それを信じても
不確かな願い込め空へ
手を振ることさえ出来ないわたしに
二束の花の芽を届け

月は陰り日が昇り
ある日の朝
大切な花々が咲いていた
君を想い ただ憂い ただ泣いてた
綺麗な花の色 抱きしめながら

くず折れる歌は
たとえ水の底に沈んでも
ねぇ・・叶えて わたしの夢

無慈悲な光が全てを壊して
この身も花々も焼かれて
さよならわたしはここでもう眠るわ
君の待つ星空のもとへ

月は陰り日が昇り
君がくれた
二束の花はもう枯れていた
「それでいい」と君は言う
悲しそうに
花の持つ心は孤独の
それはErica

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP