紅神楽 -ベニカグラ-

投稿日:2008/09/27 16:00:30 | 文字数:459文字 | 閲覧数:244 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

嫉妬に狂い、神楽を踊り続ける女の詩。
なんとなく和風ロック的な雰囲気をイメージしています。

私の傍に倒れ伏している貴方の紅い紅い鮮血は、まるで美しい椛の葉。
貴方の血はこの秋の空までも茜に染め上げてしまうのね。

---

宵月の下で交わした一度限りの熱を忘れることもできない、
未練がましく浅ましい愚かな女だと言いたいのでしょう?

それならいっそ、戦で散ったあの屍たちのように死ぬまで踊り続けて見せましょう。

この紅神楽に貴方への恨みと恋情を込めて歌い続けてあげましょう。

…さあ、舞い散る椛を染めるのは誰の血かしら?

---

春(眠桜) → 夏(夏忘) → 秋(紅神楽)
四季を題材にしてなんちゃってシリーズにしてみました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

静けさ満ちる紅葉の路
莢かに揺れた椛を纏う
冥土へ踊る屍の舞
重ねた闇が此の手に宿る

抱いては果てる恋情の夜
往けども見えぬ限界を辿りましょう

優しい月に背中を焼かれても
止まりはしない言の葉が雨なら
乾いた傷を許してくれるから
寂しいだけの後悔に生きてゆきます


茜に染まる此の袖は秋
たおやかなれど怨みに惑い
神楽を歌う小さな喉に
重ねた指を剣に添えて

飽いては棄てる人型の山
恋せど哀し運命を呪いましょう

優しい月に背中を焼かれても
ありふれている言の葉が愛なら
貴方の思い裏切ることだから
痛みを忘れ屍になりたいのです


抱いては果てる恋情の夜
恋せど哀し運命を呪いましょう

優しい月に背中を焼かれても
ありふれている言の葉が、愛なら
貴方の思い裏切ることだから
神楽を歌う屍になりたいのです



=====
歌詞の読み
=====
紅葉の路→こうようのみち
莢か→さやか
屍→しかばね
恋情→れんじょう
言の葉→ことのは
剣→つるぎ
飽いては棄てる→あいてはすてる
恋せど哀し→こいせどかなし

現在無期限停止中

※申し訳ありませんが、諸事情により
頂いたコメントにはお返事致しておりません。
コメントはありがたく拝見させていただいてます。
ご了承頂けると幸いです。

◆ Thanks! ◆
Spround(http://www.pontora.com/
お世話になっております。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP