陽炎 / 歌詞

投稿日:2017/08/15 16:07:38 | 文字数:524文字 | 閲覧数:1,444 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

オリジナル曲「陽炎」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

白い空まだ眠る街
閑散とした改札抜けて
定位置は3両目2番ドア
6時10分発特急電車

内側だけ禿げたローファー
左肩に背負った鞄に
洗いすぎで薄くなった練習着
どれもみんな好きだった

炎天下のグラウンドで
幾度も流した涙
過ぎ行く日々、尊く短い夏
駆け抜けた

ユニフォームまとった青い背中
浴びた光 止まない歓声(こえ)
記憶の景色の向こう側で
あの日の君を眺めている


窓辺の一番うしろの席
そこから見える海の街
静寂を割いてくローカル電車
放課後を知らせるチャイム

もう一度だけ あの頃に
戻りたいと言った先輩
わかるようで わからなかった
大切な青き日々

置き去りにしたままの青い影は
何も知らず明日を踏んだ
ほんのちょっとだけ悔しかった
あまりに馬鹿で一途だった


あの時君が知りたかったこと
今やっとわかったくらいだから
後悔などしなくていい
今の僕は君のおかげ

この季節が来ると思い出す
6時10分発特急電車
自然に覚えた路線図なぞり
繰り返し聴いた流行りの曲

僕はまたこの場所に還るだろう
置いてきたままの君に会いに、会いに
(30度越え真夏日の舞台
入道雲 蝉の声
記憶の景色の向こう側で
あの日の君を眺めている)

曲をつくっています。

●作品マイリスト
http://www.nicovideo.jp/mylist/30538369

●twitter
https://twitter.com/_shimehebi_

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    素敵な楽曲ありがとうございます(*^^*)
    オフボーカルは公開されてないんでしょうか?

    2020/04/26 09:08:28 From  aoba21

もっと見る

▲TOP