立金花

投稿日:2013/02/03 18:41:44 | 文字数:200文字 | 閲覧数:141 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

立金花

粉雪舞い降る夜は冬芽の化粧
雪解け待ってる薄氷物語
虎落笛のせて

流れに沿っては そよ風に実を任せ
折り合うような ものの芽の吐息
こんなに自然な形で水芭蕉に出会い
眠りから再会を祝うところでした

寄り添いそっと囁いてる会話
もうすぐここに次の季節が来る

空向いて立ちあがる金色の姿は
この年も次もなんて贅沢かな
雪解けの物語 晩冬の後先へ
今日 芽覚めた理由
誕生日だったね 立金花

どうも。主にルカ様に歌っていただいております
ホームページ→http://www.manabun-music.com/
twitter→http://twitter.com/manabunmusic
Skype→manabun.music

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP