円尾坂の仕立屋 第五幕 -青い襟巻の男-

投稿日:2010/10/27 08:54:37 | 文字数:398文字 | 閲覧数:839 | カテゴリ:小説

ライセンス:

やっと終盤です……

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「…さぁ、ようやく仕事も一段落したわ……
私が忙しくてあの人が会いに来てくれないのなら
私の方から会いに行きましょう…」

るかは笑いながら裁縫箱を片付けると
仕度に取り掛かりました。

「あの人驚くかしら…今の私を見たら何て言うかしら…
『もう浮気なんかしないよ』って言うかもね…フフフ」
るかは尚も笑いながら鏡を覗き込んでいます。
やがて仕度を終えたるかはお店を早めにたたんで
夕暮れの中をいそいそと出掛けて行きました。
行き先はあの人がよく散歩に行く薄野原です。

るかがそこへ行くとあの人の後ろ姿が見えました。
るかは笑いながら近付きますがあの人は気付いていない様です…

格子柄の赤い着物
菊柄の緑の帯
髪には蝶飾りの黄色い簪
あの人が好きだった女達と同じ―――

ほら私、貴方好みの女になったわ―――






















どう?私『キレイ』でしょう―――――?

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP