父ちゃんと僕

投稿者: usericon田舎 蛙さん

投稿日:2021/01/04 03:06:09 | 文字数:773文字 | 閲覧数:27 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

自作の作詞です。
人間ではない「父ちゃん」が人間の「僕」を拾い大人になるまで育てるシーンを表現。一度は人間に出会った「僕」が「父ちゃん」と別れて人間の世界で暮らすも、再び森に戻り「父ちゃん」と再会するシーンも表現。
もし良ければ、感想ください。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

1.初めての顔見て 泣いてる僕を
あやした父ちゃん
頭を撫でた大きな手に
僕はおもわず笑っていた

それから父ちゃん教えてくれた
木の実の取り方 獲物の捕らえ方
森で生き抜くための術(すべ)
教えたことが出来た時
褒めてくれるのが好きだった

二人一緒の森暮らし
その日その日を噛み締めて
眠り見る夢 幸せでした

2.子供から大人へ 育った僕に
はにかむ父ちゃん
成長認めかけた声が
僕にはとても嬉しかった

その時父ちゃんくれたんだ
木の実を取るのも 獲物を捕らえるのも
出来るようになった証(あかし)を
大人の証手にしたら
思わず父ちゃん抱きしめた

大人になったその夜に
父ちゃんとしたあの宴
今もはっきり 覚えているよ

3.森の中初めて 出会った人間(ヒト)に
戸惑う父ちゃん
初めて見た同じ姿に
僕も戸惑い困惑した

この時人間(ヒト)は教えてくれた
父ちゃんと僕は 異なる生き物だと
同じ血の親子じゃないと
「人間(ヒト)の世界に行かないか」
人間(ヒト)の誘いに迷う僕

その姿見た父ちゃんが
僕の元から去って行く
予期せぬ別れに 一人で泣いた

4.人間(ヒト)の世で馴染めず 苦しい僕は
ハッキリと決めた
あの森で一生過ごす
そして父ちゃんにまた会うと

こうして僕は森に帰って
父ちゃんを探し 森中駆け回った
身体が傷付くの厭わず
そしてその時訪れた
父ちゃんにまた出会う時

涙流した父ちゃんと
僕は互いに抱き合った
もう離れないよ 大切な父ちゃん(ヒト)

見ていただきありがとうございます。
「Horizon symphonia」(らいふぉにあ)
の管理者、しぃです。

(コラボ名はYouTubeチャンネル名)


このコラボでは「自分だけじゃ曲を作れない」
「作詞、作曲しかできない」
など思っている方が当コラボで仲間を見つけてニコ動にアップするまでを目的としていくコラボです。役職が被ってても大歓迎です!

ピアプロにはたくさんの素晴らしい作品があるのにアップされていないものがたくさんありましたので、みなさんで集まってたくさんアップしていきたいです!

募集の条件は特にありません
なにも投稿したことがない方でも、
「投稿したいと思ってる」だけの気持ちがあれば参加してください!

リアル優先する場合は「連絡用」の掲示板に一言だけ「リアル優先します」など書き込んでいただければ大丈夫です。抜ける場合も書き込んでください。

初めてのコラボ発足なので至らない点もありますが、全員で楽しんで、意見を出し合ったりして、たくさんの作品を完成させていけたらと思っていますので参加お願いします!


たくさんのメンバーが協力して作品を作り上げています!!
積極的な活動をお待ちしています♪
※成果物や掲示板をご覧ください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP