mimi

投稿日:2014/02/14 23:32:45 | 文字数:296文字 | 閲覧数:342 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

年の差なんて気にならないくらい、触れて。


応募元:いろはすさん(http://piapro.jp/t/z_FO

※mimi(愛しい人、にゃんこ、キス)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ちいさな手をひいて
曲がり角を撫でる
きみの影はいつも
すこし遠い

泣き虫でもいいの
振り返る仕草が
何より好きだから
困らせるの

ふいに、ほどけた指に
ひとり不安になって
甘くぼやける声を
閉じ込めていたの

きみの手が拭う涙なら
特別な気がして微笑む
どうか、ああやさしく
わたしを呼ぶ
そのままでいて mimi

白い瞼の裏で
暗い夕暮れを知る
静か息衝く恋を
忘れずにいたい

雨上がり寄り添うだけで
何もかも好きになれるから
そうか、また微笑む
きみのせいだ

きみの傍で好きだというから
いつまでも手を繋いでいて
そうだ、まだ足りない
目を伏せたら
耳元で mimi mimi

ziuと申します。
お返事は遅くなりますが、ご依頼や歌詞の使用等お声かけいただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

マイリスト:http://www.nicovideo.jp/mylist/23317711
twitter:http://twitter.com/kiss0out
mail: uni_chuchu○yahoo.co.jp(○→@)

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP