花吹雪が舞う頃に

投稿日:2019/04/13 18:08:13 | 文字数:312文字 | 閲覧数:186 | カテゴリ:歌詞 | 全4バージョン

ライセンス:

僭越ながらピカプ pikap様の曲に歌詞を付けさせていただきました。
https://piapro.jp/t/xzJ_
一応ラブソングのつもりです(ーー゛)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

触れ合う度に消えた
泡沫を愛した君
花吹雪

舞い上がれば落ちるまで
その一瞬で煌めいて
朽ちる時も美しい
そんな花になれるように

浅い浅いこの悲壮感は
時に任せてしまおう
淡い淡いその顔はまるで
精霊の権化のよう

馴れ合う度に絶えた
古代の美麗を抱いて
ノスタルジー

抱き合う度に冴えた
満開の生を聴いて
花吹雪

春を愛でる日々に咲いた
繰り返すは霧のような
儚い君を求めてる
そんな波を立てるように

暗い暗いこの頭の中
一輪の花は咲いて
広い広いこの城に一人
後退のマーチを聴く

咲いた咲いた
鳴いた鳴いた

泣いた

浅い浅いこの悲壮感は
胸に仕舞ってしまおう
淡い淡いその声にそっと
いつかの思いを馳せて

作詞をします。稚拙な詩を書きますがどうかよろしくお願いします。歌詞の解説などは小っ恥ずかしいので基本しません。

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    その他

    ご応募ありがとうございました。
    残念ですが今回は他の方の作品を採用とさせていただきました。
    詳細はこちらのコメント欄に書いております。
    https://piapro.jp/t/xzJ_
    今後ともよろしくお願いいたします。

    2019/04/16 16:07:18 From  ピカプ pikap

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP