カナリアの唄

投稿日:2020/01/23 21:52:24 | 文字数:528文字 | 閲覧数:24 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

初音ミク「マジカルミライ2020」楽曲コンテストの応募曲である、カナリアの唄の歌詞です。
――過去の傷を抱えたままで、未来へ向かうために。

作詞・作曲・編曲:海霧

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

カナリアの唄


ゆれる声の中でたわむれる
耳に聞こえるカナリアの声
少し痛いけど

止まらない波に向かう ひとつの声
押し潰して からからになって
空へのぼる

繰り返すの
もっときれいになるために
振り向いてもらうため

いつかの誰かと出会ってから
私の心にはしっかりと
その声だけが刻まれているの

傷だらけの私の胸に
そっと染み込んでうるわしてくれた

「彼の言葉 失われないように」
海にただただ祈る

やけに冷たい響きの名前の彼
体は消えそうに透けていた

歌うたいになりたくて逃げ出してきた
こんな体だけどいい
自分には声がある

そう言って年をとったギターかかえて
異国のメロディー口ずさむ
初めてなのにどこかなつかしい香りがした
それはいつの間にか私を掴んで離さなくて

三日月の夜 体寄せ合って眠った
潮の味とかすかな月光
誰かに見つけられることはなかった
はずだった

ある日黒い男らが彼を銃で狩りにやってきた
泣き叫ぶ間もなく彼が私をかばって

息絶えた彼 生き残った私
これからどうすればいいの
ふいにあの声が流れた
「自分には声がある」

ゆれる声の中でたわむれる
耳に聞こえるカナリアの声

こんな心だけどいい
私には声がある

VOCALOID作品のoff vocalと歌詞を置きます。
使っていただけると幸いです。

【作品】
ニコニコ動画→https://sp.nicovideo.jp/mylist/66562304
YouTube→https://m.youtube.com/channel/UCZYDTDcfggD0k4wR0Imyqdg
Twitter→https://twitter.com/kai6_official

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • カナリアの唄

    by 海霧さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP