3分00秒の光

投稿日:2021/11/27 14:12:50 | 文字数:363文字 | 閲覧数:20 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夕立 小さな声 雨音 夢のあと
止まない雨なんかは無いと
ありふれた言葉を思い出して

徒花 淀に散る
白日 振り返る間もなく

どこまで続いていくのだろう
ひとりきりの果てしない道を
それでもこの180秒の間は
すべてを信じたい

何かを得るたび溢れていく
ひとつ、またひとつ流れて
色をなくした海原でも
わずかな明かり示す方角へ

どこまで走ればいいのだろう
逸る鼓動 張り裂けたとしても
それでもこの180秒の間は
すべてを捧げたい

ひとひら舞い落ちて
波間に遊んでいる
雑音を掻き消して
坂道 大きな風を背中に受けて昇る

夕立 小さな声 雨音 遠く
微かに揺らめく炎は さいごの光

どこまで走ればいいのだろう
夜が明けて 燃え尽きたとしても
それでもこの180秒の間は
すべてを伝えたい
ただあなただけに伝えたい

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 3分00秒の光

    by necoworksさん

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP