投稿日:2016/02/15 00:31:00 | 文字数:433文字 | 閲覧数:101 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

niconico: http://www.nicovideo.jp/watch/sm28218903

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あなたがくれた淡い体温が
冷たい肌にまだ残ったまま
ひとり眠る朝焼けの部屋
あなたが去ったあの冬の夜は
雨が混ざった雪に変わってた
白く煙る薄墨の街

噛み締めた痛みが 唇の端零れてく
許されるならば もう一度 わがまま

もしも二人離れぬまま 時が経ったならば
何もかもが うまくいっていたのかな


あなたがくれた甘いくちづけは
やさしい蜜と嘘の味がした
流れてゆく冬枯れの空
あなたが告げたあの時の言葉
胸に刺さったままで疼いてる
青く滲む星屑の痣


溜息を充したグラスからは また溢れだす
あの日々の影に もう一度 さよなら

もしも二人離れぬまま 時が経ったならば
何もかもが うまくいっていたのかは
わからないけれど

そして二人離れたまま 時が経ったいまは
何もかもが あの冬と違っている

あなたがくれた淡い体温が
冷たい肌にまだ残ったまま
ひとり眠る朝焼けの部屋
あなたが去ったあの冬の夜は
雨が混ざった雪に変わってた
白く煙る薄墨の街



 

歌詞を書きます。


作詞した曲
http://www.nicovideo.jp/mylist/26338318

Twitter
http://twitter.com/uota

ボツ曲たちの鉄底海峡。サルベージ待ち(曲募集中、現在100作くらい)
http://piapro.jp/my_page/?view=content_tag&pid=uota&tag=%E6%9B%B2%E5%8B%9F%E9%9B%86%E4%B8%AD


*作詞依頼受付中*
当方のスケジュールによっては遅くなったりお断りさせていただくこともあるかもしれませんが、とりあえず気軽に連絡してみてください。

*曲募集中*
私の投稿済みの歌詞に曲をつけてみようという奇特な方がいらっしゃればご連絡ください。
ただし、すでに曲がついている/歌詞募集に応募中の作品については、作曲者様等の了解を得てからお返事させていただきますのでご了承ください。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP