Passing

投稿日:2018/10/28 23:41:44 | 文字数:483文字 | 閲覧数:91 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

こちらの歌詞募集に応募したものです。https://piapro.jp/t/adII

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

手を伸ばしたらずっと 君に届くはずだった 距離が消えた

風に煙草が散って しかめたまぶたに
熱い痛みが飛び込んでくる
わざと視線そらして 見上げた電光に
君とみたライブの映像流れて バランス崩したまま
感情一つも操れないって やるせなさすぎだ

よく君は言ってた 今は二度とないから 楽しいと
そう君は知ってた この時間はすぐ過去になると

やけに非常灯が呼んでるみたいな
時をまたいでるレイトショーで 
不意に鼻をついた 忘れぬ香りに
僕は固まってしまう 一人でいたくて 一人で来た
だけど暗闇は やさしくはないもんなんだよな

目をこらしたらもっと 違うものがみえたか どうだろう
よく君は笑った そのおかげで僕は気を抜いてた

白と黒の間に グレーの帯があるとするなら
僕は迷わずあいまいな時を選んでしまうな

そう君は言ってた 今は二度とないよって 何回も
よく君は笑った 忘れないでねって 冗談ぽく

手を伸ばしたらそこにあった
あたりまえのような奇跡の日々

そう君は知ってた もうその先を見てた
さよならは偶然で必然
手を伸ばしたらふっと 影が消えた

歌詞を書きます。

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    初めまして。めろ太です。
    この度はご応募いただきありがとうございます!

    結末を知ってから再度読み直すと涙腺が緩むような感情に襲われました。
    試しに歌った後、うっすらと涙目になってしまうほど歌詞が刺さりました。
    ただの失恋ではないというのが読み取れる伏線もしっかりとしてるな、と感じました!

    さて、既に応募があるので選考という形を取らせていただきます。
    結果は期限の翌日(11/4)にメッセージにてお知らせします。
    最後にもう1回、ありがとうございました!

    2018/10/29 22:41:08 From  めろ太

  • userIcon

    メッセージのお返し

    めろ太さま
    歌詞にコメントをいただき、ありがとうございました。
    そう仰っていただけると作詞冥利につきます。
    それではじっくりご選考下さい。よろしくお願い致します。
    HU

    2018/10/30 21:04:33 HU

▲TOP