【神威がくぽ】狂宴に舞う花弁の如く【作曲:ナックル】

投稿日:2010/10/11 00:34:20 | 文字数:344文字 | 閲覧数:321 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

散らせてくれよ。君の手で。



■ 作詞 : 搖ッ太 (http://piapro.jp/yuttantan
■ 作曲 : ナックル (http://piapro.jp/piapropiapropiapropiapro

楽曲の視聴は此方にて↓
http://piapro.jp/content/k25pqmz9uhcayrgf
動画も是非^^↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12387916

【読み仮名一覧】
窄む(すぼむ)/瞳孔(ひとみ)*/疼く(うずく)/穢れて(けがれて)/
人間(ひと)*/黎明(れいめい)/悔悟(かいご)/驕り(おごり)/詭弁(きべん)/
軛(くびき)/何処(いずこ)/狂声(きょうせい)*

* 本来の読みと異なるもの/当て字

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

妖しく窄む瞳孔 隠した牙が疼く
愛欲潜む 夜毎 柔肌に突き立てて

いつしか揺らいだ愛は奈落の底
幾重に穢れて失われた純情

 刺し違え逝けたならば
 望みは叶おう
 束の間に視線絡む
 夢なら今こそ息の根を さあ

人間たる僕の目覚め 黎明 招く悔悟
泣き濡れ伏せた睫 触れて尚渇く

この驕りを詭弁を散り散りに引き裂け
軛は何処か 手遅れになる前に

 果てしない闇の中を
 君だけ求めて
 狂声がその名を呼ぶ
 鏡をすり抜け 微笑んだ悪魔(ぼく)

いつしか揺らいだ愛は奈落の底
幾重に穢れて失われた純情

 刺し違え逝けたならば
 望みは叶おう
 束の間に視線絡む
 夢なら今こそ

 果てしない闇の中を
 君だけ求めて
 狂声がその名を呼ぶ
 鏡をすり抜け 微笑んだ悪魔(ぼく)

歌詞を書いたりする人です。
できる限り色々やります。

(2019/6)印字ブレ対策にHN改変しました

※投稿作品注釈※
歌曲は作品タイトルが「【使用ボカロ】曲名【作曲者名】」となってます
音源へのリンク等は作品説明欄にて


■なにかあれば此方へ
yudutaasagi♪gmail.com ♪→@

■ニコ動マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/19346968

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP