【巡音ルカ】題名のない絵画【オリジナル】

投稿日:2020/01/29 19:46:34 | 文字数:381文字 | 閲覧数:12 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞・作曲 mieux

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今日も彼はいつものように海を見ていた
そして海の絵を描くことが彼のすべて
悲劇の島に朝陽が昇るこの景色は
変わることなくただそこに存在してる

けれど彼の瞳は驚き見開かれた
沖に向かう小さな船 男の姿
彼はそれを絵にするためキャンパスを立てる
昇る朝陽 海を照らし輝いていた

霧の向こうは荒れ狂う海
だけどに男には迷いはない

こんなにも心が激しさで震えてる
煌めいた光の中 揺らぐ影
そこにある景色は鮮やかに色付いて
変わりゆく色彩さえ描いてた

強い光の中 溶け込んだ
やがて紡がれる歴史の中

いつの日か彼にも分かる日が来るだろう
この朝が描く景色 その意味を
閉ざされた島では運命の歯車が
廻りだす 何もかもを巻き込んで

緩やかに溶け込み 消えて行くその姿
いつの日か忘れられる物語
気が付けばそこには船はもう見えなくて
彼はただ筆をおいて泣いていた

ボカロには最初興味がなかったのですが、
素敵な曲や動画やイラストなどがたくさんあって、
自分でもやりたくなってしまいました!

仲間に入れてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【巡音ルカ】題名のない絵画【オリジナル】

    by mieuxさん

オススメ作品10/31

もっと見る

▲TOP