幻だった

投稿日:2017/06/10 01:00:05 | 文字数:708文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

きみも、ぼくも、きっと素敵な幻。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君のことを信じていたんだ
愛のことも信じていたんだ
夢の先を信じていたんだ
君の言葉信じないで

暗闇から手を伸ばして
恋の言葉拾い上げたんだ
夢の先に何がなくとも
そんなことは知っているさ

相変わらずが頬を濡らして
君の声だけ響いているよ
こんな世界に漂うならば
藁を掴むのさ らったった

それはそれはそれはそれはそれはそれは
幻だった
それはそれはそれはそれは もう
ぶっとんじゃったったらいいよ
君は君は君は君は君は君は
幻だった
僕は僕は僕は僕は もう
ぶっとんじゃったったらいいよ

歌のことを信じていたんだ
愛のことも信じていたんだ
君の声を信じていたんだ
現実だけ信じないで

夜の中に手を伸ばして
黒い星を拾い上げたんだ
夢の先に何がなくとも
そんなことは忘れたよ

相変わらずがピアノ奏でて
君の声だけ奪っていくよ
こんな世界に漂うならば
笑ってやるのさ あはははは

それはそれはそれはそれはそれはそれは
偽りだった
それはそれはそれはそれは もう
ぱっぱらぱのぱでいいよ
君は君は君は君は君は君は
偽りだった
僕は僕は僕は僕は もう
ぱっぱらぱのぱでいいよ

みんなみんなみんなみんなみんなみんな
幻だった
みんなみんなみんなみんな もう
大嫌い大嫌いさ
みんなみんなみんなみんなみんなみんな
偽りだった
みんなみんなみんなみんな もう
大好きで大好きなんだ

それはそれはそれはそれはそれはそれは
幻だった
それはそれはそれはそれは
もうぶっとんじゃったったらいいよ
君は君は君は君は君は君は
幻だった
僕は僕は僕は僕は もう
ぶっとんじゃったったらいいよ

ぶっとんじゃったったらいいよ

自作のボーカロイド曲と歌詞をアップしています。
ご使用の際は事後でも良いので一報いただければと思います。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP