天使の果実 第二話/小説

投稿者: usericonルナリーさん

投稿日:2020/04/03 20:44:06 | 文字数:3,812文字 | 閲覧数:267 | カテゴリ:小説

ライセンス:

連日投稿。

ボカロキャラの名前で小説を書くって、最初恥ずかしかったんですけど、

続けてみると意外と面白いですね。

今回はリンちゃん視点のお話です。

リンレンの会話を弾ませるのが楽しかったりする。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 リンが自分の「力」を自覚し始めたのは、施設に入って間もなくだった。
 まだ5歳だったリンは、施設の、ある先生の周りに、白い鳩の羽のようなものがいつでも舞っているのを見て、なんて綺麗なんだろうと思っていた。
 同時に、同じ施設に入れられていた弟のレンには、全く別のものが見えているらしい。リンが鳩の羽の先生と戯れていると、レンはいつも二人から目を伏せ、逃げ出してしまうのだ。
 そんなレンを見て、その先生は残念そうな顔をしていた。
 リンは、階段に座り込んでいた弟に声をかけた。「レン。そんな風じゃ、誰も仲良くなってくれないよ?」
 レンは、「仲良くなりたくない。此処にいるの、みんな、化け物ばかりだ」と言って、ふくれっ面をしている。
「化物って何?」と、リンが聞くと、レンは「あの先生、真っ黒な犬を連れてる。僕が近づくと、そいつが噛みつこうとしてくるんだ」と言った。
「そんなはずないよ。あの先生、とっても綺麗な羽に守られてるよ?」
リンがそう言うと、
「あなたには、あれが綺麗に見えるんだね」
と、別の声がした。7歳くらいの緑色の瞳のお姉さんが、いつの間にか二人の横に居る。
「でも、よく考えてみて? 羽は翼についてる? バラバラに散らばってる? どっち?」
「散らばってる…」と、リンは答えた。
「自然な状態だったら、羽が散らばってるってどう言うことだろ?」と、緑の目の少女は言う。
「羽をむしり取って…るの?」と、リンは聞き返した。
「そう言うこと。あの先生、子供の希望を潰すのが趣味なの。そして、その事を『正しい事』だと思ってる。あの先生と、あんまり仲良くしないほうが良いよ」
「お姉ちゃん、なんでそんなこと分かるの?」と、リンは聞いた。
「それが、私達がこの施設に入れられた理由だよ」と、少女は答える。「私達が『観える』力を持ってることを、否定したい人達がいるって事」
「じゃぁ、お姉ちゃんには、あの羽が別のものに見えるの?」と、リン。
「私が『観える』のは、頭の中の事だけ。あの先生の頭の中の『悪魔』は、羽毛のドレスを着飾ってる。どれだけの数の子供達を否定してきたんだろうね」と、緑の目の少女は言う。
「僕に噛みついて来ようとする犬は、何?」と、レンも聞いた。
「あなたに自分の悪意を気付かれたくないのよ。あなたが『悪魔』の存在に気づけるって分かってるから。無理にあの先生に近づかなければ大丈夫」
 年上の少女は、双子にそう教えると、二人の間に顔を近づけ、そっと囁いた。「もし、どうしても自分達で切り抜けられないことがあったら、メイコ先生に相談して」
 施設に入れられたばかりの二人は、まだその名前の先生には会ったことが無かった。
 少女が立ち去ろうとした時、リンは「あなたの名前は?」と聞いた。「ミク」とだけ答えて、少女は廊下を歩いて行った。

 ミクは施設の合唱部に入っていた。朝礼の後の合唱の時間に、ステージに立った子供達の中にミクがいるのを見つけて、リンは「あの時のお姉ちゃんだ」と気づいた。
 ピアノの伴奏に合わせて子供達が歌い始めると、不思議な現象が起こった。白い光の殻のようなものが、歌を歌う子供達を包んでいる。
 そのオーラのようなものから、旋律に合わせて、暖かなエネルギーが発せられている。リンは、そのエネルギーを、「白い波」として見ていた。
 だが、歌が始まると、いつもリンの隣に座って居たレンが、姉の手をぎゅっと握ってくるのだ。
 いつもの事だったが、その日は特にレンの手が震えていたので、リンはこっそり弟に声をかけた。
「どうしたの? レン」と聞くと、「真っ暗な影が…近づいてくる」と言って、レンは寒さを我慢するように震えている。
 リンは、「何処から?」と聞いた。「先生達の居るほう」と、レンは答える。
 リンとレンが、こそこそと話していたのを見て、一人の教諭が近づいてきた。明るい茶色のショートカットと、琥珀色の目をした女性。
「どうしたの? 気分が悪い?」と、子供にかけるには少し棘のある声で聞いてくる。
 リンは、その人物の目の中に、「セピアの海」があることに気づいた。とても悲しい色をしている。
「弟が…寒いって…」と、リンは当り障りのない返答をした。琥珀の目の女性教諭は、「熱があるのかも知れないわね」と言って、レンを抱え上げ、保健室のほうに連れて行った。
 レンは、震えこそ治まらないものの、不思議そうにその教諭を見ている。
 きっと、あの人がメイコ先生だ。と、リンは思った。

 朝礼が終わった後、リンは保健室に行ってみた。白いベッドに、レンが寝かされている。
「レン。大丈夫?」と聞くと、傍らに居た「メイコ先生」が、「37.8℃。微熱よ」と事務的に短く答えた。
 リンは、「メイコ先生」が、あえて冷たい声を出しているのに気付いた。なるべく、施設の子供に感情移入しないようにしているのだ。
 そっと琥珀の瞳の中を覗くと、悲しい色をした海に、泣き叫んでいるような「波」が押し寄せている。
「先生。名前は?」と聞くと、「メイコで通ってるわ」と、答える。
「メイコ先生。私達、これからどうなるの?」と、まだベッドの中で震えているレンを見ながら、リンは聞く。
「育てられるか、失うか、どちらかよ」と、メイコ。それ以上は、何も言わなかった。

 ある朝礼の時、合唱部の子供達の中にミクの姿を探して居たリンは、ミクが居ないことに気づいた。自分の担任である教諭に聞いてみたところ、「ミク君は、目の手術をしてるんだ」とだけ答えてくれた。
 ミクの参加しない合唱からは、白いオーラが発せられないのにも、リンは気づいた。周りの子供達は、ミクの声に呼応していただけなのだ。

 4年後、初めてレンが発作を起こした。胸を押さえ、ゲホゲホとせき込み、息を吸えない。
 保健室に運ばれたレンに、メイコは呼びかけた。「安心して。此処には、何もいない。息を吸っても大丈夫よ。ゆっくり、少しずつ息をして」
 リンはその呼びかけを聞いて、確かに保健室には「なにか」が居ないことに改めて気づいた。
 パニック状態だったレンも、メイコの言葉を聞いて、喉をヒューヒュー言わせながら、なんとか気管に空気を取り入れた。
「黒い影が…胸の中に入ってこようとしたんだ」と、リンとメイコ以外誰もいないことを確認しながら、呼吸の落ち着いたレンは言った。「鼻や口に影がまとわりついて…」
 リンは、自分達はこのままじゃいけない、と悟った。
 施設の子供達は、なんでもひとつだけ、習い事を受けさせてもらえる。10歳になる前に、リンとレンは格闘技を習い始めた。
 そして、リンはメイコに自分達の「能力」を打ち明けた。メイコは、「強くなりなさい」とだけ言った。
 それから4年の月日が流れた。
 体を鍛えると言う事は、精神を鍛える効果もあるようだ。リンとレンは、夫々の「視界」に映る者達に対しても、用心深く、恐れないようになって行った。
 レンは発作を起こすことも少なくなり、むしろ自分に近づいて来ようとした「影」を、拳ではじき返すくらいに「力」をコントロールできるようになった。

 何度目かの目の手術を終えて、包帯のとれたミクが施設に帰ってきた時だ。
 本当の姉を迎えるように、リンとレンはミクを出迎えた。その時、ミクが言った。
「私、もうこれ以上『能力』をのばせないの。次の手術で、眼球の摘出が決まった」
 リンは、幼い頃の自分にメイコが打ち明けた言葉の意味が分かった。「育てられるか、失うか」の意味が。
 周りに誰もいないことを確認してから、「ミク姉。逃げよう」と、リンは切り出した。
 ある日の晩、非常口の鍵を盗み出してきたメイコが、3人を施設から逃がした。

 それから、3人は世に身をひそめるように生きることとなった。ミクは、夜のバーで歌を歌う仕事に就いた。髪をアッシュグリーンに染めたのは、身元を分かりにくくするためだ。
 メイコに保証人になってもらって、小さな家を借りた。
 まだ金銭の稼げる職に就ける年齢ではない双子は、ミクの「能力」で見つけた災厄から、誰かを守る事を「仕事」とした。
「世の中の理不尽から、少しでも誰かを救うために、私達は、この『力』を使うんだ」
 リンは、度々レンにそう話していた。
 年相応に生意気になって居たレンも、姉のこの言葉だけは否定しなかった。そして言うのだ。「俺が守らなくてもいい女は、リンくらいだよ」と。
「どう言う意味よ?」とリンがふてくされ気味に聞くと、レンは「これだけ長い付き合いでも、何かに憑りつかれてるところを一回も観たことないもんな」と答える。
「あんたが守られてるところも、一回も見たことないわ」と、リンは言い返す。「神様に見放されてるんじゃない?」
「それなら大丈夫。俺達には女神様がついてるだろ?」と、レン。
「ミク姉のこと?」と、リン。
「もちろん」
「あんたの頭の中に『悪魔』が住むようになったら、一番に分かる人を選んだわね」
「そしたら、俺は自分の『悪魔』をぶっ飛ばしてやるよ」
「言う言うー。何? ガチ恋?」
「恋とか言うな。この心はもっと純粋なものだ」
「患ってるねー。少年」
 イアの家を見守りながら、リンとレンはたわいないおしゃべりをしていた。

作り続ける事を目的としているコラボになります故、月一でアイデアの元としてテーマを掲げております。
テーマから投稿された作品が色々な方々の目に留まり、そこから最終目標のコラボへと通づることが出来れば尚良しです!

楽曲でもよし、動画でもよし、小説、作詞でもよし、イラストでもよし。何でもよし!
とにかく作り続ける事!
身体に無理のないように!

完全思いつきなんで、上手くいくかわからないですが楽しく、そして素敵なオリジナル作品がどんどん増えていければいいなあと思います。

ルールは追々追加していくと思われます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP