明日また火輪を見れるように

投稿日:2018/01/30 00:07:10 | 文字数:388文字 | 閲覧数:33 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「火輪」とは「かりん」と呼び、文字通りの火の輪っかも意味しますが、転じて太陽を指すこともあります。

そしてここでの火輪は太陽、希望の光にあたるものです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ひとの群れを見たとき
嗚咽におちたことある
出られない不自由と
不可解なルール
いつも気遣い、だんまり 
チャンスは常に邪魔され
せまい ふるさとを出る 無言で

ブリザードの外
ブリザードの外
見知らぬ色彩
見知らぬ色彩
ブリザードの外
ブリザードの外
初めてに怖気づいても

永遠のような旅路だけど
きみが明日 火輪を見れるなら

シカの群れを見たとき
きみはくすりとした
でもそれは奪われた思い出

あいつ、嫌々しそう
「だからおまえ嫌い」
そして仲間へ駆けて行った

気がついたら乗っていた 無言で

樹木を抜けて
樹木を抜けて
森の深みへ
森の深みへ
精気のない
精気のない
大地の奥へ 幽深へ!!

無人駅過ぎた 知らない とらわれるな 
きみと明日 火輪を見れるように

誘えきみと
誘えきみと
誘えきみと
誘えきみと
誘えきみと
誘えきみと
火輪の下で あした

ちょっと懐かしい感じのポップスをボカロ曲として書く人。移り気ですが、推しはMEIKOさん。

詞・曲を書いてますが、作曲の方が自信あります!

曲の方で書いてほしいテーマ等ございましたら、お申し付けください。


Twitter→karkar_khokkey

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 明日また火輪が見れるように

    by ほっけの干物さん

▲TOP