リンちゃんと俺 第二話「眠れぬ夜、決意の朝」

投稿日:2011/08/17 14:20:43 | 文字数:2,129文字 | 閲覧数:524 | カテゴリ:小説

ライセンス:

第三話 「店長の過去」は明日投稿します
よろしくお願いしますm(__)m

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

俺は部屋を見回した
そこには信じられない物が立っていた・・

僕はかつてないほど大きく目を見開き言った

「リンちゃん・・・」



第2話 「眠れぬ夜、決意の朝」



「お、俺は夢を見ているか・・それともアニメの見過ぎで頭が・・」

しばらく状況を理解することができず
部屋の隅からPCの前に立つリンちゃんをただ見つめていた
間違いない、リンちゃんはこの部屋に実在している

15分が経過したころ俺は意を決してリンちゃんに近づいた
リンちゃんは目を閉じたまま立っている
まったく動かない

すり足で音を殺しリンちゃんに一歩づつ近づいた
ようやくリンちゃんに手が届く位置までくる
ほっぺを突っついてみる

「ほぁあ!プニプニっ!!」

ぷにぷにぷにぷにぷにぷにぷに・・・
俺は疲れを知らない子供のように同じ行為を繰り返した
指が疲れてきた・・・

ほっぺはプニプニした、次は・・・
俺はリンちゃんの発達していない胸
いやまるっきり無いと言っていい胸に視線を移すと・・・

「いやあああああああっっはああああぁぁぁぁぁぁあ!!!!
きぃえぇぇぇぇえーーーーーーいぃっ!!!」

奇声を発しながら自分の指をリンちゃんの胸に向かって突撃させた
その瞬間・・

「きゃぁぁぁぁああああ!!!」

股間に重い衝撃を感じた
股間は次第に熱くなりやがて激痛に変わった

「っつ!!!っかはぁ!!」

俺は激しい痛みに耐えきれずリンちゃんの足元でうずくまり
辺りを転げまわった
呼吸ができない・・

近くにあったハンドタオルを口に突っ込み
それを思いっきり噛みしめながら必死で痛みに耐える

「ふうっ! ふうっ!・・・ はぁ~はぁ~」

どうやらリンちゃんに思いっきり股間を蹴り上げられたらしい
そして頭上から声がした

「あ、あのマスター?・・大丈夫?」

この痛み・・夢ではない・・
上から俺を見下ろすリンちゃん
俺はやっとの思いで立ちあがるとなんと言っていいかわからず

「い、いやぁ ふひぃ・」

と挨拶をした

「ごめんね、急に変な声が聞こえてきて目を覚ましたら
マスターがアタシの胸を触ろうとしてたように見えて・・」

なるほど、さっきの攻撃は勘違いだったのか・・
俺はなんとか落ち着きを取り戻し現状把握に努めた。

「いや、いいんだ。気にしないで・・
で、何でここにいるんだい?」

「?」

リンちゃんは何でそんなことを聞くのかと言わんばかりに首を傾げている
その仕草、カワユス

「何でって、マスターがアタシを買ったんでしょ?」
リンちゃんは大きな目でまっすぐこっちを見つめてくる

「いや、確かにそうだけど。リンちゃんというのはプログラムだから
普通はこんなふうにPCの外に出てこないだろ?」

「うーん、よく分からないけどあたしは特別製みたい」

「特別?」
「そう。詳しくわ分からないけど・・あ、そうだコレ」

そういうとリンちゃんは俺に一枚の紙を差し出した

「取説・・・」

薄っぺらい紙には一言、こう書かれていた
~あなたがピュアな心と体を持ち続ける限りリンちゃんはあなたとともにあるでしょう~

なんぞこれ・・
俺はこの言葉の持つ意味を必死で考えていた

なんだ、つまりその・・
この先もずっと男の子の貞操を守り続けてればいい的なことなのだろうか・・
よくわからん・・

「ねぇ、マスター、アタシ眠いよぉ、そこのお布団で寝ていい?」
リンちゃんは真剣に取説を読む俺の顔を覗き込んで言った


「えっ!あ、ああ、、」
もう1時を回っている、子供は寝てる時間だな

「いいよ。好きに使って。お、おやすみ」

「ありがとーマスター」
そういうとリンちゃんは俺の布団に滑り込んだ

「おやすみ、マスタァ」
布団からちょこんと顔を出しリンちゃんは言った
ふ、ふほぁ!カワユス!んあっ!

俺「おやすみ」
なんとか平静を取り繕い言った



空が白くなり始めた午前5時
リンちゃんは静かな寝息を立てている
これは奇跡なのだろうか・・きっとそうだ

リンちゃんの寝顔は、か わ い い
リンちゃんのためにカッコいい曲を作りたいと
心からそう思った

俺は寝れなかった、自分が寝てそして朝になったら
リンちゃんが消えているのではないかと・・
そんなことを考えているうちに朝になってしまった

---------------------------------------

次の日、俺は昨日のゲーム屋に足を運んだ
俺はリンちゃんのマスターになったものの
どうやって曲を作ればいいのかわからない

電車の中、昨日の店長の様子を思い出していた

「あの店長・・ボカロについていろいろ知ってるみたいだった
あいつに聞けば俺がボカロPになる方法が分かるかもしれない・・
俺はボカロPになる!俺の横でかわいい寝息を立てて眠っていた・・
・・リンちゃんのためにも!」

まだ停車していないにもかかわらず
両隣に座っていた女性がそそくさと席を立った
いかん、思わず独り言を言っていたようだ・・

それほど俺の決意は固いということだ



第2話「眠れぬ夜、決意の朝」 完

作詞作曲と動画編集してます
R&B中心にハウス・ジャズ・ロックとかいろいろ作ります(ただし鏡音に限る)

曲→CUBASE7
動画→After Effects CS6.5

ニコニコ動画マイリス
http://www.nicovideo.jp/mylist/23427920

パトリチェフ音楽工房
http://patirchev.web.fc2.com/

ツイッター
http://twitter.com/patirchev

アイコンはなたさん(http://piapro.jp/ab6969)がPVのために書いてくれたロゴ?を使わせていただいてます

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    あああ、リンちゃん可愛すぎます!リンちゃんが寝るシーンには、思わずニヤッとしてしまいした!本気で主人公が羨ましいです(笑)
    リンちゃん可愛いだけでなく、意味深な部分もあって、続きが気になりました^^

    2011/08/18 00:42:56 From  きろ

  • userIcon

    ご意見・感想

    おまわりさんこっちです・・・な展開にドキドキしました
    サスペンスも盛り込んでくるとは・・・ただ者ではない・・・!!

    2011/08/17 22:30:30 From  sat(頑なP)

もっと見る

▲TOP