キミノトナリ 【歌詞】

投稿日:2021/01/07 13:08:42 | 文字数:224文字 | 閲覧数:348 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

『私は遅かったんだ…。』

どうも 衣泉です。
恋だと気づくのが遅かった女の子を書きました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A 8月の或る日 君を見つけた
君の隣には『誰か』が居たんだ
縮まったハズの 距離感さえ
いつしか再び離れていた

B 夕凪も終わるこの時間とともに
さざめく波はボクの心みたい
どんなに想っていても
君の隣はボクじゃない

S 柔い風が吹き 『好き』を攫ってく
無意識だった この感情には気づけなかった
こんなにも君を 好きなボクが居た
サヨナラ ボクの恋
零れた涙は知らんぷりさ
淡い夏の出来事

作詞をしてます。
よろしくお願いします。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

オススメ作品10/20

もっと見る

▲TOP