開闢_lyric

投稿日:2019/08/02 01:37:02 | 文字数:754文字 | 閲覧数:78 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

オリジナル曲「開闢」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

開闢

いつも遁げてばっかだねって
僕を莫迦にするけれど
鬱ぎこんで耐えることこそが
娃しいの?

結局は現実から目を
背けてたいだけなんでしょって
自分でも分かってるんだよ
僕が弱いだけ ねえ

僕のオポチュニズム加減を
自分で識って厭になるよ
乖謬だって戮したこと
悔やんでるさ

剩、嬲ることだけは
こんな僕の中で毓ったのか
貪欲に喰らい殱す無情な
蟲けらのように這い蹲って


劇場型の催眠に酔おう
僕はそう生き延びてきた
今迄犯した謬錯も
大したこともなかっただろ
開闢以来抱えてきた
穢さも今じゃ愛おしい
孰れ蛹から孵るだろう
本当の自分に遵依しよう


アパシーと罵られるのも
別に今に始まったことじゃない
反論もして来なかったの
意気地無しで

継続することが美徳だと
大人に為れって教毓えること
自分を人質にとってさ
そんなの許っかで

意地汚さは承知しているよ
でもそれなりに笑えているよ
別に興味もないんだよ
教科書気取って説教されても
第一冷めた答えなら
傀儡と何も変わらないじゃんか
群れた蟻のようにだって
それぞれに正義があるんだ

世間の靉靆さを嗤おう
迷惑懸けなきゃ上等だ
結局いくら悩んでもさ
僕らは唯の宇宙の塵
繭の中引き篭る許っかじゃ
生まれた意味が勿いでしょ
否定や悖理を投じても
動き続けたのは心臓


劇場型の催眠に酔おう
僕はそう生き延びてきた
今迄犯した謬錯も
大したこともなかっただろ
開闢以来抱えてきた
穢さも今じゃ愛おしい
孰れ蛹から孵るだろう
本当の自分に遵依しよう

世間の靉靆さを嗤おう
迷惑懸けなきゃ全て上等さ
結局いくら悩んでもさ
僕らは唯の宇宙の塵
繭の中引き篭る許っかじゃ
生まれた意味が無いでしょ
否定や悖理を投じても
動き続けたのは心臓

dene∽bolaと申します。
主にVOCALOIDを使った楽曲作成をしています。


twitter (╭☞•́∀•̀)╭☞
https://twitter.com/bola_dene001

niconico (╭☞•́∀•̀)╭☞ https://www.nicovideo.jp/mylist/66175423

YouTube (╭☞•́∀•̀)╭☞https://www.youtube.com/channel/UCYUyIxDnQGAnWUzUKatsKWw?view_as=subscriber

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 開闢_inst.

    by dene∽bolaさん

  • 開闢_onvocal

    by dene∽bolaさん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP