曇り時々雨のち

投稿日:2020/03/28 19:11:47 | 文字数:554文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

世界観はハ○○○○・○○バ○○とく○○他です。
最後前のガタゴト電車は、と知らない同士を、の部分はドレミの音階をイメージしています。
曲つけてくださるかたいましたら嬉しいです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

こっちの窓は曇り空 そっちの窓は青い空
二つに分かれた隙間を 電車はガタゴト歌うよ

そっちの窓際に君が こっちの窓際に私
向かい合わせに座ってる けど目は合わせずにいるよ

あなたは私を知らない 私もあなたを知らない
おんなじ駅のホームから おんなじ電車に乗るだけ

向こうの空は透き通ってて あなたみたいできれい
こっちの空は物語ってる 私の中の迷い

そろそろ晴れてくれるかな あのひび割れた雲間から
差し込んだ光 両手いっぱいに 抱きしめたいから


こっちの空は雨模様 そっちの空はめかしがお
何にも知らずに電車は ガタゴト鼻唄歌うよ

おんなじ駅のホームから おんなじキャンパスに向かう
あなたと私はそれだけ 今までだってそうなだけ

向こうの窓に反射した空は 私の心みたい
向かいの窓際座る私は どんな風に見えるの

そろそろ雨も止めばいいのに 窓辺に光る滴が
私の中の憂鬱みたいに 流れては消えた


ガタゴト電車は どんどん走って
知らない同士を 運んでゆくの
町から街へ それぞれの場所へ


おんなじ駅のホームへと 二人は一緒に降りるよ
あなたが先に歩いてく 私は少し後ろから
駅の出口で立ち止まる 背中に私のほうから
「一緒に行こうよ」って 声掛けられるかな
雨模様の傘 そんな私の朝

ニックネームって変えられるんですね知らなかった
追記:作品編集ってできるんですね知らなかった!!

おはようございますこんにちはこんばんは青林檎と申します。(言ってみたかった)
趣味で歌詞を書いてみようかなと思います。続けられる自信がいまいちなので本人確認?はしていません。早速心折れそうですが楽しいので緩く活動したいです。よろしくお願い致します。







こないだラジオであるアーティストさんが、「尊敬するアーティストが胸を張って堂々とした生き方をしてりゃガソリンスタンドの店員だって立派な作詞家だって言っててそれを僕も信じてる」みたいなことを仰ってたので私もそれを信じてる。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP