サイハテ

投稿日:2008/11/21 08:37:24 | 文字数:942文字 | 閲覧数:538 | カテゴリ:小説

ライセンス:

小林オニキスPの「サイハテ」を聞いて。
ほんと泣ける。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

青い空には、雲ひとつなくて清々しいほど晴れ渡っていた。
雲に遮られることの無い強い陽射しが、燦々と私を照りつけるけれど、その熱は風に飛ばされていく。
冷たいうえに強い冬の風が徐々に体温を奪っていき、手の先から冷えていくのがよく分かった。
凍える手を強く握りしめてみたけれど、手のひらに爪が食い込むばかりでそこに温もりは見いだせない。

もし、この場にあなたがいれば、と思う。
あなたがいれば、私の手のひらはあなたの手のひらと重なり合って、爪が食い込むようなことはない。
あなたの大きな手が私の手を包み込んでくれるから、私はそれに応えるように握り返す。
そうすればあなたがこっちを見て笑ってくれて、私は恥ずかしいけれどそれに笑顔を返すのだ。
だけれど、ありありと鮮明に思い描くことのできる情景を、叶えることはもうできない。
あなたは死んだ。



声をかけても、名前を呼んでも返事をしなくて。
笑いかけても、静かに目を閉じたままで。
ごはんの時間になっても、起きてこなくて。

私が泣いたって、抱きしめてくれない。





立ち上る煙を見上げながら、私は空に手を伸ばす。
あなたはそうやってどんどん上に昇っていって、私には届かないところへ行く。
私に残るのは白いお骨と、思い出と、今でもあなたを愛してるという心。


すきだよ、だいすきだよ、あいしてる、いとしいよ。


あなたが死んだって変わらない。
私はあなたの死を受け止めたけれど、だけど今でもあいしてる。
もし私が歩み出して、新しい彼を作って、結婚して子供を産む日が来ても。
あなたをあいしてるよ。

恋愛感情ではかれないほど、あいしてます。
あなたが本当に大切でした、私の人生を染めあげるほどに大きな存在でした。
ありがちな言葉だけれど私の中であなたが生きているって、よく分かる。
この煙もいつか雲になって、雨を降らす。
あなたの煙が私を生かす恵みになって、世界を巡っていくそうです。
そう思えたら、これからもなんとか生きていけると思う。





もし遠い空から、この想いが聞こえるなら。
どうか返事を下さい。















ありがとう。




さよなら。





「サイハテ」 feat.初音ミク

(プロフィールはありません)

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    >>駿河そるとさま

    初めまして、感想ありがとうございます。
    「サイハテ」は本当に悲しくて優しくて、私も好きな曲なので、それを形にしたこれに感想をいただけてとても嬉しいです。

    2008/11/26 20:32:46 From  tou

  • userIcon

    ご意見・感想

    初めまして!
    「サイハテ」は好きな曲の一つです。悲しくて、でも優しい曲ですよね。
    作中の「恋愛感情ではかれないほど」という一文がとても素敵だと思いました(*´∀`*)「サイハテ」の雰囲気がよく出ている作品だと思います。

    2008/11/21 17:50:43 From  駿河そると

もっと見る

▲TOP