【フィオリモンド姫の首かざり】(童話パロ)

投稿日:2008/08/30 02:37:13 | 文字数:577文字 | 閲覧数:134 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

ド・モーガン作の【フィオリモンド姫の首飾り】をテーマにした歌詞です。フィオリモンド姫は魔女と契約して魔術を心得ていたお姫様で、年頃になって結婚を求められたとき、魔法の鎖を使って婚約者たちを首飾りの宝玉にかえてしまう、という暴挙に出ます。後に彼女のやっていることに気付いたとある従者によって首飾りにされた王子や王たちはもとの姿に戻りましたが、フィオリモンド姫だけは自分の呪いによって宝石のままにされていたということです。

ミクパートと、たぶんリンレンの合唱パートのふたつにわかれています。後々はきちんと曲に付くように整えなおしたいのですが…
もし、この歌詞を採用できそうな曲をつくった方がいたら、連絡を下さい。調整しなおして提供いたします~。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


昔むかし 悪くて怖いお姫様
恐ろしい魔女のお友達
夜毎に森へといそぎます

わたしは 夜の風が好き
月が 森が 星が好き
世界のすべてが好きだから
ずっと ずうっと 歌っていたい

昔むかし 歌の上手なお姫様
世界中から求婚者
それでも誰も愛さない

わたしは森のみなが好き
鹿も小鳥もこぎつねも
みんなが聞いてくれるから
わたしはずうっと歌っていたい

昔むかし おかしなおかしなお姫様
首にはすてきな首飾り
誰と会っても歌うだけ

わたしはすべての人が好き
この歌を聴いてくれるなら
けれども聞いてくれないの
わたしがお姫様だから

昔むかし 怖くて悪いお姫様
首には呪いの首飾り
触れれば玉に変えられる

わたしは何より歌が好き
美貌や地位や名誉より
私の歌を嫌うなら
そこは私の場所じゃない

昔むかし 怖くて悪い魔女むすめ
自分の呪いにあてられて
自分が玉に変えられた

わたしは何もが全て好き
おんなじくらい好きなだけ
一人の人には嫁げない
お嫁になんていきたくない

昔むかしのその昔 怖くて悪いお姫様
今でも塔のてっぺんで
きらきら光る石でいる

わたしはわたしは歌が好き
神様よりも何よりも
だから今では塔の上
小鳥と一緒に歌ってる

ああ ああ これは戒め
世間のならいにさからって
歌のことだけ愛してた
フィオリモンド姫の首飾り

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP