シティポップ

投稿日:2015/06/24 22:37:29 | 文字数:201文字 | 閲覧数:581 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜が迫るビルの間
僕は歩く僕は歩く
家路に着く人の波を
避けるように僕は歩く


夕日君の頬染めて
僕は今それをミテル
夜と踊る猫のように
目と目で通じ合えればいいのに


僕は笑う僕は笑う
君はなぜか悲しい表情を魅せた

それは君のテンプテーション
つまるコミュニケーション
鳴らせディストーション
夜をかき鳴らせ

まるでスローモーション
君の動くモーション
鳴らせディストーション
君をかき鳴らせ

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP