【巡音ルカ】murder case―murder-【オリジナル】

投稿日:2020/01/23 19:58:04 | 文字数:536文字 | 閲覧数:21 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞・作曲 mieux

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

揺らぐ景色 陽射しの中 眩暈覚え立ち尽くした
彼が見てた未来さえ彼の手にはないのだと
彼が握るナイフからは肉を抉る感触が
その時さえ受け入れた 彼女の顔 浮かんでくる

理由などありはしない ただ声が聞こえていた
汚れた手が温かい 消えはしないあの夜
帰れない道の途中 穿たれた虚ろな孔
うすら寒い現実に頬の肉が震えた

彼はいつか数学者になれるものと信じてた
無慈悲なほど美しい数式を愛してた
レールの上 踏み外して歩くなんて出来はしない
ただ線路は信じてた終点には導かない

不条理な解答など求めてた答えじゃない
仕組まれてた物語 操られた道化師
歯車の耳障りな回る音 軋みながら
後悔など意味はない 笑いながら呟く

白い月が笑う真夜中
振り向いた手を翳し 揺らいだ光
紅く染まる胸の花びら
抱きとめたその腕は優しく甘い

残された時間はもう静寂に包まれてく
翳す手にはジャスミンの淡く香る残り香
目を伏せて幼い日を想いだすあの陽射しは
あんなにも暖かい絵空事を描いた

碧い部屋で伏せた瞼の
裏側で甦る崩れた体
黒く溶けた影は幻
手を伸ばす その慈悲を求めるように

白い月が笑う真夜中
振り向いたその顔は微笑み浮かべ
紅く染まる胸の花びら
唇が震えてた最後の言葉

ボカロには最初興味がなかったのですが、
素敵な曲や動画やイラストなどがたくさんあって、
自分でもやりたくなってしまいました!

仲間に入れてください!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【巡音ルカ】murder case―murder-【オリジナル】

    by mieuxさん

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP