煙草

投稿日:2011/07/15 04:51:16 | 文字数:136文字 | 閲覧数:40 | カテゴリ:その他

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夜を食い潰した。
君の煙草の香りも消えた。
戻れないと言った君は、少し泣いたように見えた。

夜が明ける途中、君はもう眠ったようだった。
窓の外に、違う煙草の香りを見つけた。

それで良いと思えば、きっとこのまま忘れていくんだ。
君が火を点す音だけを、一人思い出していた。

詞を書く人です。

Twitter https://twitter.com/____44
Tumblr http://cg202.tumblr.com/
mail 44.on.the.planet@gmail.com

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP