サード・チルドレン

投稿日:2012/11/17 22:12:25 | 文字数:598文字 | 閲覧数:84 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

3人の物語の作詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

サード・チルドレン

【A】
あの頃の僕達は何も知らなかった
あの謎がまだ解決していない事に
そうあの時【PM:10:30分】
~狐の神隠し人形~

僕達が小学5年生だった時に
突然に始まった謎
それは狐に隠されて
殺されて人形にされる
謎の事件だ

【B】
僕はその謎が気になったんだ
だから二人に言ったんだ
「この事件の謎を解決しよう」
今物語の幕上げだ
月曜日TVで見たんだ
悠萃鬼神社で次々と

小学生の子供だけが消えていく
探しても見つからない子供達
ほら狐が仕掛けた神隠し

【S】

夢の中で狐が僕に言ったんだ
ほらほら探してご覧?
「受けて立つさ」
狐は笑いながら消えた
神隠し?狐火?鬼ごっこ?
縁結び?お手玉?赤結び?
絶対僕達がお前を
 ――――!
【A】
【PM:0:00分】
悠翠鬼神社の木ので待ち合わせさ
此処から僕達のスタートラインだ
足を踏切き鳥居の門を潜る
~狐と僕達の戦い~
浅葱幕が落とされた

【B】
進んで行くと狐火が見えたよ
狐火を手で取ると意識が
暗くなって落ちたんだ
あと二つの狐火さ
~意味が解るよね?~

【S】
あと狐火が残る意味ね簡単さ
~参個のゲームだよ~
「さあ開幕だ!」
狐刈り?隠れ鬼?神殺し?
結末はどちらがね
――――?
さあさあ!命は革命を朱は
紅に死は屍をあげましょう!

勝負はこれから
結末何処に?
有るのでしょうか

初めてですが宜しくお願いします。

できたらコラボしてみたいです^^。
イラストは色鉛筆だけど宜しくです。

あとフリーゲームを別名で活動しています^^

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP