房総の雪女

投稿日:2021/10/20 12:39:47 | 文字数:282文字 | 閲覧数:35 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

地元の風景とアピールを兼ねて作りました。
韻を踏んでいるのが特徴です。
よろしくお願いします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『房総の雪女』   作詞 木更津p

房総で 出逢った 雪女
雪が積もった田畠から
仰ぎ眺める鹿野山
似合っているよ 雪化粧
一緒に詣でた 神野寺の
大吉 みくじはなんなのさ
君はしょせん雪女
夏になったら 消え失せた

愛した女は雪女
溶けない思い出ありがとう
白い晴れ着で鹿野山
似合っているよ 雪化粧
一緒に詣でた神野寺で
末吉引いてもつまらない
君はしょせん雪女
僕を冷たく捨てたのさ

房総生まれの雪女
今年は多く雪が降る
白くなったね 鹿野山
似合っているよ 雪化粧
一緒に詣でる人いれば
吉の みくじも無駄になる
君はしょせん雪女
住む世界が違うのさ

作詞でメジャーな賞を頂いています。
第二回こころ歌ソングコンテストの優秀作詞賞です。
作詞家として所属もしています。
作曲は勉強中の身です。
イメージに合った作詞をします。
どちらかというと恋愛の作詞や地元の木更津市に絡んだ作詞をします。
歴史もに絡んだ作詞や社会風刺的な作詞も。
ユニークな作詞が売り物です。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP