deliberate fortuity

投稿日:2013/04/14 20:56:37 | 文字数:223文字 | 閲覧数:93 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

livieraさんの歌詞募集曲(http://piapro.jp/t/wWuR)への応募用です。

[ テーマ/ストーリー ]
もう会うことはないんだろうな、と思っても不思議と縁というのは続いていることもあります。
もしかしたら、どちらかが偶然を装って現れているのかもしれません。
恋愛には限りません。友情も恋愛も血縁も、全て断ち切ってしまえばそれまでで、しかし死ぬまで続くものも確かにあるのです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

全てが楽しかった日々は
思い返せばとても早くて

こんな時がずっと続く
根拠もなく信じていた放課後の夕景

僕らは出会った
舞い散る桜の花
共に過ごす時は
本当に大事だった
なのに……

やがて僕らは大人になり
いつのまにやら会うこともなく

不意に君はあの木の下
現れ 冗談めかし「またか」なんて言った

僕らは出会った
深まる緑の下
ひとつひとつ積み重ね
また高く

何度でも出会う
思い出の木の下
やがて葉が散りゆく季節も
共に見ると信じて

作詞をするために作曲を試みる倒錯家。
ギターとかベースとか弾いてみたり、パソコンのキーボードを叩いたり。
ネガティブ成分は垂れ流し。

ネタ曲ユニット"次元消火器"では主にサウンド面を担当。

website"end and records" http://www.endandrecords.net
twitter http://twitter.com/end_and_records

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP