Moonlight - 歌詞

投稿日:2020/07/12 05:43:54 | 文字数:389文字 | 閲覧数:2,913 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

記憶さえも途切れてしまいそうだ

笑う雲が陽射しをふさいで
     
昨日までを夢と重ねるなら
「僕らはいつからここにいたんだ?」

ありふれた思考と理解に苛まれる過去のゆり返し
棺を灰へくべる とうにしがらみのない夜へ眠るように

あの照らす球体の月がそう見ている 嘘も本当も全部
擦り切れた思想があふれて灰色の枯草に生まれ変わればいい 

今日の非行も明日への祈祷も何ひとつとして残りはしないで
理想だけがから回って つまらないこと散々喚いてるずっと

いっそうその身に咲いてる 嫉妬を摘みとる君を愛しても
きっと壊してしまうから意味なんて 意味なんてないんだ

深い海の底にあって 彼岸の青にまぎれた悪夢にも
「またいつか終わりがくるから、花瓶に輪廻の枝を飾ろうよ」

安息に向かって走って追いかけて逃げてを繰り返し
僕らはいつの日か光の犠牲を背負う意味も忘れていく

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP