あの子いらない(曲募集中)

投稿日:2019/07/06 00:39:54 | 文字数:571文字 | 閲覧数:72 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

日課です!
「あの子」シリーズ続いてます(笑)

あれー、、なんか凄い暗い(꒪д꒪IIww
タイトルは(仮)です!!

サビとか結構自由な文字数になっちゃったので、言葉の調整などお気軽に!

子供のときの「花いちもんめ」から連想。
あれは中々酷な遊びだよね。
最近の子はやらないのかな(笑)

よろしくお願いしますー!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
あの子いらないと指をさされて
地面に描いたいびつな線の上からDIVE to DIe(ダイブトゥダイ)
笑わなくなった私の背中
無数の傷口 濁った熱を流してLIFE is A LIe(ライフイズアライ)

B
いつか本当に踏み出しそうだ
白い壁を蹴って高く高く
このまま本当に飛んでゆこうか
キミとボクの繋がらぬ世界へ

S
太陽が沈んで 少しほっとする
今日もなんとか終わったよ
月が昇って 苦しくなるのは
明日がもうすぐやって来るから

Ah 大きな斧をもって
黒いベールを被った
太陽が照らせどキミの姿は
まるで死神みたいだ
渇いた瞳の奥 ボクが映ってる



A
あの子いらないと指をさされて
途端に下がった世界の温度に凍てつくAGE to DIe(エイジトゥダイ)
逃げ出せなかった私は独り
遠ざけた心 息を潜めて怯えるLIVE A LIFe
(リブアライフ)
B
キミが無邪気に喰い破った
飛沫を拭う もっと赤く赤く
このまま地獄に落ちてゆこうか
キミもいつかやってくるんだろう

S
太陽が沈んで ボクは息を吸う
今日もなんとか生きてたよ
月が昇って 苦しくなるのは
迫る時間、
押し寄せる波に呑まれそうだから

Ah 鋭い牙をもって
ヒトの皮を被った
太陽が照らせどキミの姿は
まるで怪物みたいだ
醜く涎垂らす 傍観者たちよ

はじめまして!
Unionと申します。
「日課」と称して、趣味で作詞をしています。色んな方とコラボさせて頂いて、ほんと幸せです!

曲募集中のタグついてるものは、絶賛楽曲募集中です!よろしくお願いします!
日々増えてますので、これだけあれば一つくらいはお気に召すものあるかもですよ(笑)

使う時は事前に相談のご連絡をお願いします~!
なるべく過去曲とか聴かせていただけると嬉しいです!
また、できれば動画化までお付き合い下さい~(*´ω`*)

楽曲重視派なので歌詞はなるべく曲に寄せていきたい!歌いやすいのが一番!

なので、文字数の変更修正などお気軽に仰って下さい!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP