フクジュソウ

投稿日:2014/01/16 20:35:29 | 文字数:403文字 | 閲覧数:161 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

街路樹抜けた交差点を右へ 曲がれば喫茶店
あの頃 飲めもしないのに真似した
ブラックコーヒー すすりながら

冷たい風が 身に沁みる季節に
神様はザンコクで
悴む手を忍ばせる場所はもう
届かないとこへ行ってしまったなんて

切りすぎた前髪をバカにされたことも
くだらないことで笑いあったことも
今になって昨日のことみたいに
思い出すの

一人きり バスに乗って
二人歩いたあの景色を眺めるためだけに
胸に残るのは 後悔じゃない
後悔なんかじゃないからね

二人して眠気まなこをこすった朝も
寂しくて長電話した夜も
何もかもが愛おしくて切ない
嫌になるね

君の名を 空につぶやいた
その想いは届くこともなく溶けて消えたけど
雪が降ってきた
染まっていく 街も心も真っ白に

大切な この思い出を
一つ一つ優しく摘み取って ここに置いていくよ
頬を伝うのは 涙じゃない
涙なんかじゃない
雪だけが気づいていた

都内にて作曲及び編曲、また演奏活動など行なっております。
ボカロ関係の楽曲や動画、歌詞などをアップできたらと思ってます。
もし楽曲をご使用なさる際には報告さえ頂ければこちらと致しましては問題御座いません。
URL等添付して頂ければ必ず見に行きます。
宜しくお願い致します。

Twitter→@penoreri
ニコニコ動画→http://www.nicovideo.jp/mylist/35128700
Soundcloud→https://soundcloud.com/penoreri

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP