そぞろサンクスギビング

投稿日:2014/09/26 20:35:42 | 文字数:448文字 | 閲覧数:2,707 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

そぞろサンクスギビングの歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

うらぶれ旧市街 靴の音
夜天銀天の夜もすがら
調子の外れた樂音で沸く
虚しく豪奢なパレードだ

鋳型にはまった瑪瑙の星
赤い幻燈 夜市を射す
祈りをま喰らう広場の慾
踊れぬ私は所在なげ

蓄音機から天の声 戯曲を諳んじるように語る
やがて言の葉は散りぬれど 伝えることなど何一つないさ

そぞろ眩しき祝祭の興に
染まれや愉し多幸を望めど
大切なものは一つでいいさ
代えがあるなんてさみしいから


金切る弦楽 喧しく
游ぐ群羊 夜半を往く
踏まれた苹果の香り烟る
見せかけ瀟洒なパレードだ

魔法はいつしか呪詛に変わり
ランタンの灯もいよいよ消え
さりとて踊れ 騒がば騒げ
誘い拐かされぬように

遠き流るる彗星が西の魔女の死を皆に知らせた
手向けに捧げる在りし日の喧噪に溶けゆく一匙の想いを

嗚呼、暗めり宴の際 紛れては彷徨った
嗚呼、溶けたフィラメントが明滅をするばかりだ

きづけば世界はあまりに暗く
無くしたものは探せやしないさ
かけがえないなんて言ったくせに
いくつもあるのは嘘吐きだ

オリジナル曲作ってます。

ブログ 

http://ameblo.jp/a-march-hare

もっと見る

もっと見る

▲TOP