【歌詞応募】遊牧民の花嫁【あずまやさん作曲】

投稿日:2012/12/20 16:58:17 | 文字数:727文字 | 閲覧数:493 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

あずまやさんの情緒溢れる音づかいはこちら→http://piapro.jp/t/DGFk

「花嫁」ですから、嫁ぐ本人だけではなく一族みんなで歌う曲として書きました。これから新しい「母」となるだろう娘へ、女としての誇りと役割を諭しながら同胞の幸せを願う歌うです。
別の氏に嫁ぐ者、勇むがゆえに夫がそばにはいない者、はたまた家を築くのが難しい者の妻になる者。等しく乙女は「女」として生きていく。それが刃を持たぬ戦士の在り方なのだ・・・とか妄想しました。めちゃくちゃ楽しかった。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

鳥の羽空を打ち 西風地平を渡る
男は狩りに出で 女が名前を呼び待つ

乳が巡り行き血を繋いでく 誇りあれ彼の母の背に
今また路が拓かれた『祈りが御手となる者たちの手で』

歌え子らよ乙女に我らが音を
立ち行かん若木の四肢に
大地へと座し捧ぐ花を抱く日に
言祝ぎを風に乗せよう


馬たち子ども成し 娘が髪を結わえた
糸束玉に織り 花と実頭に飾ろう

東風を呼ぶ声が雨を呼び降る 石を踏む求む者へと

言葉巡り乳を注ぐ『掌に受けたものが満ちた』

歌え子らよ乙女に我らが音を
立ち塞ぐ岩のある道
すくんでは止まる足また空を見た
強く在れ己のままに

飛び立たん遥かなる地の向こうへと
行くものに言祝ぐ音を
善き風よ彼の者に吹け

*************
かな表記


とりのはそらをうち にしかぜちへいをわたる
おとこはかりにいで おんなはなまえをよびまつ

ちちがめぐりゆきちをつないでく ほこりあれかのははのせに
いままたみちがひらかれた『いのりがみてとなるものたちのてで』

うたえこらよおとめに われらがおとを
たちゆかんわかぎのししに
だいちへとざしささぐはなをだくひに
ことほぎをかぜにのせよう


うまたちこどもなし むすめがかみをゆわえた
いとたばたまにおり はなとみあたまにかざろう

こちをよぶこえがあめをよびふる いしをふむもとむものへと

ことばめぐりちちをそそぐ『たなごころにたたえたものがみちる』

うたえこらよおとめに われらがおとを
たちふさぐ いわのあれみち
すくんではとまるあしまたそらをみた
つよくあれおのれのままに

とびたたんはるかなるちのむこうへと
ゆくものにことほぐうたを
よきかぜよかのものにふけ



一色=いっしき
美しい言葉を泥臭く、吐いた言葉に貴さを

まいりすと。

http://www.nicovideo.jp/mylist/23916419
https://www.youtube.com/playlist?list=PLdYqNhjbUrkB0g9VOZpMJzHphiJNQPpPZ

ついったー

@IsshikiAlto

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

▲TOP