知らない恋のうた

投稿日:2014/02/04 22:02:01 | 文字数:305文字 | 閲覧数:115 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

君の言葉を待っています

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


気が付いたら目で追っていたなんて
それはありがちな話で
でもそれも良いなって思ってる
自分に色が射しました

いつも一緒にいるわけではないけど
遠くもなくて 近くもなくて
ああでも こうして隣を歩けるのは
幸せな事だって思います

恋をすると女の子はキレイになるって
それは昔からある話で
でもそれは 少し違うんです
女の子は 君だけに見てもらいたいの

桃色のハートを指でつついて
自分で照れちゃったりして
いつもこんな事ばっかり
でもこれも 幸せな事だって思います

この気持ちを届けたいって
どうしたら届きますか?
普段と変わらないいつもの君に
少しだけ触れて

これからも
隣にいて いいですか?

セキトと読みます。
恋愛中心に詩を綴っています。

もし何かに使って頂けるのでしたら、お手数ではありますが事後報告で構いませんのでお知らせいただけると嬉しいです。

改変については原型が分かる範囲でしたら変更、添削して頂いて構いません。(一人称や文末、語呂合わせや言い回しなど)

よろしくお願いいたします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP